水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2017 ≫ 2017シーズンイン!

2017シーズンイン!

三月に入りました。

17030400.jpg

今日は三月最初の土曜日。
天気も良く、渓流釣り師の大方には良い解禁日となった事でしょう。

私もどこに行こうか迷いましたが、九重界隈の玖珠川はあまり良くなさそうなので、勝手知ったる日田漁協管内に向かいました。

5時過ぎに自宅を出発。

途中、いつものトライアルで朝食と昼食を買い出しし、一本目の渓流へ。

しかし、渓沿いに車を走らせてみますが、人気河川なのに案外人がいません。

みんなどこに行ったんでしょう?

入り放題なので、とりあえず適当なところに車を停めて入渓しました。

時刻は7時過ぎ。
さすがに解禁直後の渓流は冷えています。

水温が低いのでまずは沈めてニンフィング。
それらしい流れを探っていくと、幸先よくエノハが飛び出しました。

17030401.jpg

6寸ほどのエノハ。まだ冬の名残を残しています。

そこからしばらく、渓の歩き方を思い出すように、一区間をゆっくり釣り上がり、この渓では4匹のエノハを手にすることができました。

日が昇り、渓にも日が差してきました。

近くの別の支流への移動も考えたのですが、前日に寅爺様に聞いた情報に従って場所移動。

何度か入ったことのある沢ですが、まだやったことのない区間があります。

毛鉤では釣りにくい区間なので、今回は久しぶりに脈釣りをやってみることにしました。

しかし、慣れない延べ竿に翻弄され、アブラメばかりでなかなか本命が釣れません。

でも、良さげな淵でエノハの姿が見えたので粘っていると、見慣れたステッカーを貼った軽トラがやってきました。

そう。

お察しのとおり、あの天ヶ瀬コンビです…(笑)

そこからは、お察しのとおり、エノハ釣り講座のはじまりはじまり~。

今日は鮎竿が渓流竿に変わっただけ。

後ろから激が飛ぶと、ああ、今年も始まったんだな~と何だか嬉しくなります。

で、餌と流し方を変え、何とかその淵で2匹追加。

写真を撮り忘れましたが、いずれも八寸ほどのピンシャンでした。

脈釣りもやってみるとなかなか面白いですね!

さて、しばらくして2人は温泉へ。

日も高くなり、虫が出始めたので、私は上流で毛鉤を振ることにしました。

上流は狭いですが、餌釣りではやりづらい浅い瀬があります。

わりと大きめのカゲロウが出ていたので、#16のソラックスパターンで叩いていくと、あっさり出ました。

17030402.jpg

その少し上でも八寸ほどの良型

17030403.jpg

水温が高めの沢なので虫が出るのも早いのでしょう。
虫を飽食してお腹はパンパン。

陽光を受けて輝く魚体は、まるで盛期のエノハのようです。

昼が近くなり、気温も上がって反応が良くなりました。

それらしい流れを丁寧にトレースしていくと、ポツリポツリと反応があります。
みんなピンシャンのベッピンさん。10㎝前後のリリースサイズも釣れるので、再生産しているのでしょう。

しばらく釣り上がっていくと、淵からの流れ出しに良型のエノハを発見。

一度ライズしたので、50㎝上流から#18のカディスを流し込んだらイルカライズであっさり出ました!

17030404.jpg

0.3号のティペットなので慎重にやり取り。

解禁からやってしまったかと思いましたが1㎝足りませんでした。残念…。

さて、時刻は13時過ぎ。川から上がって、遅めの昼食。

いったん休憩して、イブニングライズを釣ればまだまだ行けそうでしたが、こういう時に深追いするのは良くありません。

家族で解禁を楽しむため、ここで解禁釣行を終了しました。

温泉に入って花粉を落とし、日田で買い物。

3月末まで28年度の年券は使えますが、ついでなのでまつお釣具さんで鮎券を購入。

17030405.jpg

エノハ券はたくさん出たそうですが、鮎券を買ったのは私が1番でした…(笑)

帰宅後はエノハ料理に大忙し。

1703040602.jpg

腹を抜き忘れていたエノハで三女に腹の抜き方のレクチャー。

17030407.jpg

料理は定番の塩焼きと、大好きな橙で南蛮漬け。

17030408.jpg

三女は泣き尺の塩焼きに挑戦しましたが、流石に食べきれませんでした…(笑)

私は、心地よい疲労にお気に入りの菊美人が回って早々にダウン。
薬のおかげで花粉症もあまり出ず、気持ちよく寝ることができました。

さてさて、なかなか良いスタートが切れました。

これから鮎の解禁までは、また渓通いが始まります。

今年はどんな魚達が待っているでしょうか。
震災の影響で行きそびれた岩魚釣りも気になっています。

次はどこの渓に行きましょうかね~。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム