水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2013 ≫ 初めての渓歩き

初めての渓歩き

ゴールデンウィーク初日。

かねてからの次女との約束で、エノハ釣りに出かけました。

042701.jpg
毛鉤釣りの最盛期を知らせる藤の花。

次女は四年生。
ウェーダーのサイズがあるかが問題でしたが、ネットでPROXのキッズウェーダーなるものを探し当て、事前に購入していました。

042702.jpg

22~23.5㎝対応のものが最小サイズで、娘の靴のサイズは21cmなので少々大きいのですが、ブーツフットタイプなのでなんとかごまかせました。

朝イチに開けたポイントに入りエサ釣りで釣らせますが、アブラハヤしか釣れませんでした。
工事の影響か放流の関係かはわかりませんが、釣り師としての私のセンサーは魚っ気を感知しません。

そこで、大移動して前回良かった渓へ。

042703.jpg

ここは被っているところが多く、述竿では厳しいので娘は撮影班で同行しました。

連休初日ということもあり何人か入っているようですが、竿抜けを探していくとポツポツ釣れます。

042704.jpg

最盛期を迎えたグッドコンディションのエノハ。

娘が退屈しないか心配でしたが、新緑の渓で鳥の声を聞き、乱舞するカゲロウや沢蟹、河鹿などを見つけて随分楽しかったようです。

初めての渓流ということもあって転倒を心配しましたが、普段から男の子に混じって遊んでいるだけあってなかなかのバランス感覚。渓歩きにも全く危な気がありません。これには驚きでした。

042705.jpg

渓では腹出しの仕方も教えました。
小さいころから魚を捌くのを見せている娘達は全く嫌がりません。
細い指で上手にエラを抜いていきます。

042706.jpg

今日は家族分だけ持ち帰り、塩焼きにして頂きました。
これも我が家流の大事な食育です…(笑)

さて、娘もいつか誰かと渓に出かけるのでしょうか。

その日まで渓が渓らしくあってほしい。そう願う一日でした。

スポンサーサイト

コメント

 
祝渓流デビュー
編集
もう釣りガールデビューですか!
釣りも親子のコミュニケーションの一つになると今後も楽しみですね。
2013年04月30日(Tue) 08:46
 
Re:祝渓流デビュー
編集
我が家では小さいころからキャンプに連れて行ったり虫や魚捕りに連れて行ったりしてなるべく自然の中で遊ばせるようにしていますが、男勝りの次女が一番楽しんでいるようです。

親がサラリーマンだと子供は親の働く姿を見ませんから、少林寺拳法やアウトドアを通じて家の中とは別の顔を見せるのも家庭内教育上は有効な手段かなと思っています。

何より、私は人の多い場所が苦手なので…(笑)

ジュニアウェーダーは思ったより造りも良くて機能的に出来ていますよ。
shallowriverさんちもいかがですか?
2013年04月30日(Tue) 09:41
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム