水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 春の収穫祭

春の収穫祭

新緑にツツジの美しい季節になりました。

17043001.jpg

今回はテルさんの秘密基地にお招きいただき、筍をはじめとする山菜を収穫することになりました。

テルさんの秘密基地は私の実家の近く。半分里帰りみたいな気分です。

前日夕刻に現地入りし、キラッチさん、ユウさん夫妻、そして、Mr.サトフを交えて前夜祭。

17043002.jpg

メニューは、直火焼肉、焼きナバ、大野川鮎の串焼き、青竹のカッポ酒、焼きおにぎり、明太子、エノハの南蛮漬けetc。

肉も魚も握り飯もいい感じに燻され、楽しい話についつい飲みすぎ、何が何だか分からなくなりました。

かすかな記憶の中では、枕元でキョンキョンの曲が流れていたような気がします…(笑)

で、翌日。

耳元で小人がドラを鳴らすのでなかなか起き上がれませんでした。

キラッチさん曰く、明け方に釣りに行った誰かから何かを盛られたのだろうとの事。

遅れて起きだし、フラフラになりながら裏山に向かいます。

皆さん元気に筍を収穫していますが、私は一鍬ごとに頭がズキ~ン。
涙が出てきて仕事になりません…(泣)

それでもみんなでコンテナ一杯の筍を収穫し、すぐに皮を剥いて大鍋で灰汁抜き。

17043003.jpg

17043004.jpg

煮立って冷えるのを待つ間、道路の修復をしたり秋に備えて植えものをしたり、某局のダッ○ュ村の如く精力的に活動。

17043005.jpg

17043006.jpg

疲れたら寝転がって鮎談義。

新緑に囲まれた秘密基地。

鶯の美声に心癒され、ゆったりとした時間を楽しみました。

これで眼下の川に鮎でも登れば、言う事ないな~なんて…(笑)

さて、ゆっくり命を洗濯し、11時過ぎには灰汁抜きも完了しました。

17043007.jpg

お土産を整理して昼過ぎ撤収。

そこから福岡まで、4時間かけてゆっくり下道で帰りました。

帰宅後かなり疲れてはいましたが、やはり旬のものは新しいうちに。

17043008.jpg

ナバ飯を炊き、筍は山椒味噌を作って木の芽和えと油炒めに。
油揚げを入れた筍の味噌汁にウドの酢味噌和え、焼きナバ、どれも美味。

疲れているので今日こそは飲むまいと思っていましたが、結局飲んでしまうのでした…(笑)


テルさん今回は大変お世話になりました。とっても楽しかったです!

秋も楽しみにしていますので、またどうぞよろしくお願いします…m(_ _)m

皆さんもお疲れさまでした。また集まりましょうね!


スポンサーサイト

コメント

 
編集
ナバって、何ですか?
春の山の幸で、炊き込みご飯にしたり焼いたりするもの…
筍…ではない。
キノコ? 山菜?…わからん❗️
2017年05月01日(Mon) 20:30
 
編集
大分の方言で

ナバ ➡ シイタケ

です。

シイタケのうち、肉厚で形が良いのをドンコナバと言います。シイタケ栽培のホダ木はナバ木。転じてくぬぎのきはナバ木とも。
多分、大分全域で通じると思います。

テルさんも言ってましたが、一村一品であちこちナバをしてて、里山はくぬぎが多かったので、カブトムシは取り放題でした…(笑)
2017年05月01日(Mon) 20:46
 
編集
ナバは椎茸でしたか! 画像をよく見ると確かにご飯の上に乗ってますね。
ナバだけでなく掘りたての筍も焼くと絶品❗️ですよ…なんて書いたら私も食べたくなってきました。京都に筍料理の専門店があるのでGW明けに食べに行こうかな…
2017年05月02日(Tue) 20:59
 
tsunosanへ
編集
ミスターサトフが小さいのを皮ごと焼いてました。私は食べてませんが良いのにあたったみたいで美味しかったようです。

京都のタケノコは先日もテレビに出てましたが、ブランドなので高そう?

ナバ飯は酒、塩、醤油のみの味付けですが、しっかり味がついてなかなかですよ。
2017年05月02日(Tue) 22:29
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム