水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2017 ≫ 惨敗…。

惨敗…。

先週の休日出勤の振替休日があったので、金・土・日と休みでした。

土曜日はある川の解禁日。事前情報からかなり期待していったのですが、結果から言うと惨敗でした。

いや、皆さんそれはもうたくさん釣っているんですよ!

でも、私だけ場所や釣り方を外したみたいで、もう鮎掛けやめようかなってくらいやられちゃいました…(泣)

写真も殆ど撮っていません。

という事で今回は忘備録程度に…。

まず金曜日。

翌日のオトリ確保のため花月川に向かいました。

前日夕方に友釣り専用区以外は網が入っているので、人は少ないだろうとふんで、午後から来る寅爺様と聖ちゃんのオトリも確保すべく朝イチから入りました。

しかし、超渇水の花月川は解禁からのフィーバーもすっかり過ぎ去り、追いもイマイチで午前中は全然掛かりませんでした。

昼が近くなり、工事と田植えで濁った水が温泉みたいになって泡が対流しはじめた頃にようやく一匹。

止水に近いトロ場はウナギの養魚池みたいでした。

釣り方はトロ場の群れ鮎崩し。
これはこれで勉強になりましたが、暑さと濁り水に疲れました。

しばらく釣って翌日分は確保できたので、寅爺様と聖ちゃんにオトリを渡し、天ヶ瀬に向かいました。

この日は仕事場から直行してきたテルさんと天ヶ瀬で宴会。

これだけはとっても楽しかったです。

で、翌朝。

早朝に起き出し、前日漬けてあったオトリを持って解禁日の川へ。

Ozekiさん、千鮎さん、ノリさん、キラッチ夫婦など知り合いが沢山集まっています。

川を覗くと、大きいのから小さいのまでいたるところに鮎がいて、どこで釣っても掛かりそうです。

そこで、開いているところを見つけて早速釣り開始。

しかし、皆さんポツポツ掛けているものの、私には全然掛かりません…(泣)

仕方ないので、空いているところを見つけては竿を出し、仕掛けも変えたりしてみましたが、慣れないダイワの穂先へのセットがうまくいってなかったのか、穂先から仕掛けが外れてしまったり、根掛りを繰り返したりでちっとも数が増えません。

日が昇って水温が上がれば追いも良くなるかとは思いましたが、状況は変わらず…。

悪夢のような釣りが続きました。

そのまま夕方になり、皆さん60~80匹といった釣果で釣りを終える中、私だけ20匹程の貧果。

すっかり意気消沈した私を見かねて、千鮎さんが残業に誘ってくれました。

しかも、複合メタルで粘る私に合わせて、自分も複合で釣って見るからと…。

なんと優しい先輩でしょう。千鮎先輩、本当にありがとうございました…m(_ _)m

で、ノリさんとキラッチさんが爆釣していた間の瀬肩あたりにオトリを入れたら一発でカカカッ。

えっ!なんで???

夕方の時合いなのか、場所なのか、そこからは立て続けに10匹ほど…。

で、ようやくこれくらい。

17061801.jpg

キラッチさんからは、エンジンかかるの遅すぎって笑われましたが、かかるものなら朝イチから掛けたかったです…(泣)

さて、一泊して翌日リベンジも可能でしたが、心も体も疲れ切っていたのでそのまま風呂に入って帰りました。

帰ってからテルさんと電話で話しましたが、今日の敗因は場所もそうですが釣り方に問題があったのかもしれません。

トロ場で見ていましたが、鮎の数が関係してか、何回も追うものの追う距離が短かったように思います。
この場合、オトリも逃げるので、背針で引っ張り上げるか鉛で足止めするかした方が掛かったのかもしれません。

また、針に触れても追いが弱いためか深刺さりせずにバレるケースが多かったように思います。
瀬で掛りがが良かったのは水流抵抗の関係で針に触れたら一気に刺さるから?
本当はどこでもオトリは追われていたのかもしれませんね。

いずれにしろ今回は惨敗。

反省すべき点が多々あるので、この経験をもとに更に修行を積まなければなりません。

翌、日曜日はゆっくり起床し、三女と釣り堀に行って赤紫蘇を買って帰り、塩で揉んで梅酢が上がった梅に混ぜ込みました。

来週は雨模様。そろそろ空梅雨も終わりそうです。

今度は雨後の引き水にでもリベンジしたいと思います。

しかし、今年の鮎掛け、あちこち好調なのに私は超厳しいです。
できるだけ川に立ってリベンジしないとですね。

あ~悔しい…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
こんにちは!無沙汰しております。
小国の解禁に行かれたんですね。
一番は場所と時間でしょう?
私の友人も行きましたが場所が無く、8時半ごろに入ってた人達が
「まったく釣れんから場所変えする」と上がったそうです。
それから入った友人は9時からデカイの入れ掛で13時には疲れたので止めました。
2017年06月20日(Tue) 19:14
 
若水さんへ
編集
ご無沙汰してます。
今回は動き回ったのも裏目に出たと思います。場所ムラも確かにあったのですが、いい場所見つけるのもやっぱり腕のうちですよね。
でも、凹んじゃうんで今回だけは場所と時間と言うことにさせてください…(笑)
2017年06月20日(Tue) 22:00
 
編集
あらまぁ、お気の毒に!そんなこともありますよ、たまには。
リベンジあるのみ❗️…です。

2017年06月21日(Wed) 00:37
 
tsunosanへ
編集
ありがとうございます。
さすがに隣でバカバカ釣られると凹んでしまいますが、まだまだ腕が足りないと開き直ってまたリベンジに行こうと計画しています。次は沢山釣りますよ~(笑)
2017年06月21日(Wed) 08:57
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム