水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2017 ≫ 梅雨明けと「うるか」の仕込み

梅雨明けと「うるか」の仕込み

朝倉・日田に豪雨被害をもたらした梅雨もようやく明けました。

九州北部の梅雨明けはちょうど夏の土用の時期と重なります。

我が家では恒例の土用干し。

17072201.jpg

今年は例年の倍仕込んだので2回に分けて干します。

今年は三女と一生懸命赤紫蘇を揉んだのですが、さすがに6キロの梅には少なかったのか、色付きがもう一つ。

干した後もう一度漬ければもう少し色が着くと思いますが、自家消費用なのでこのままでもいいかな?
塩加減はとてもいい塩梅なので、時間があれば考えます。

さて、前回の大野川釣行、夜の宴会の席で「うるか」の話になりました。

「うるか」は何度か挑戦していますが、そもそも正解の味が分かりません。

今度I先輩のお袋の味を味見させてもらうとして、あちこちで見聞きしたレシピで作ってみようと思いました。

で、その食材確保のための釣りのほうですが、土曜日は家内がいなかったので昼まで子守り。

三女と梅干を干して、洗濯物を干したら次は最近流行りの甘酒づくりです。

私はほとんど飲まないのですが、家内がハマっていてわざわざ酒蔵の甘酒を買ってきたりするので、それならこさえてあげましょうという事で、甘酒糀を買ってきて仕込みました。
8時間ほど時間が掛かりますが、上手くできていたようです。

そんな雑用を済ませてから、日田で囮を買ってテルさんの待つ川へ。
14時半くらいに到着し、17時過ぎに夕立で強制終了するまでに20匹ほど。

夕立は上流部でかなり降ったようで、一時的に30cm程増水しました。
囮を非難させておいてよかったです。

私も当初は河原でテントを考えていたのですが、雨が降り出したのでテルさんに口利きしていただいて急遽民宿へ。

温泉に入って酒飲んで鮎談義して命の洗濯。

う~ん。下界に戻りたくない…(笑)

で、翌日は未明に起き出し、大阪のTsunosanご一行様と、キラッチ夫妻や地元の鮎遊会メンバーに合流させていただき大野川本流を釣りました。

土曜隠れと大野川温泉で厳しい中、キラッチ夫妻は順調に数を伸ばしています。

私は飲みすぎで脱水でも起こしかけていたのか、大量に汗をかいて指がつって気分が悪くなったので、川に漬かって雑談したりTsunosanが持ってきてくれたスイカで水分補給したりしながらまったり釣りました。

で、あまりにも暑いのとウルカ作りの時間を確保するため、昼過ぎで失礼しました。

帰り道、活かしておいた鮎を回収し、物産館で山椒のすりこ木を購入して帰りました。

皆さん、大変お世話になりました。またよろしくお願いします…m(_ _)m

今回も釣りより移動時間のほうが圧倒的に長かったです…(笑)

もう少し釣りに集中する時間があればあと10匹くらいは伸びるかな?

17072301.jpg

で、一風呂浴びたら夕飯用に小鮎の唐揚げと塩焼き、夕食後に気合を入れて本題のうるかを仕込みました。

17072302.jpg

香りの良い美味そうな青い鮎を使います。

まずは鱗と頭と鰭をとり、塩をしてザルに上げて余分な水を落とします。

17072304.jpg

内臓は洗って胃や腸の中を絞り出し、軽く塩をしておきます。
一晩活かしておいたので、胃や腸の内容物はかなり少なくなっています。

しばらく置いたら出てきた水を拭き取り、背ごしのように切って、包丁で粘りが出るまで叩きます。

17072307.jpg

それを今度はすり鉢に入れ、別にしていた内臓も入れて少しずつ塩を足しながらひたすら摺ります。

17072306.jpg

そして今日の仕込み上がりがこれ。

17072305.jpg

これから冷蔵庫で寝かせながら1週間ぐらい朝晩混ぜ込めば、だんだん白っぽくなってくるはず。

やっぱりかなり手間が掛かりますね~。
疲れて帰ってきているのに我ながらよくやるなと思います…(爆)

さて、今日の大野川では今年初めてダブられました。
鮎も大きくなってきており、さすがに04の付け糸では厳しくなってきています。

ウルカの仕上がりも楽しみですが、その前にそろそろ大鮎用の仕掛けも準備していかないとですね!

しかし、そろそろどこも高水温で土曜隠れのはず。
そうなると暑い中試練の釣りがはじまります。

暑いのも釣れないのも嫌ですが、短い鮎シーズンですから、天気が許せば行かないわけにはいきません。

さてさて、次はどこの川に入りましょうか…。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
ウルカ作りは会長に聞くのが一番!
千鮎さんも上手だよ!
ryonに聞くと、ウルカ作りの歌を歌いながら作ると美味しく出来ると答えますよ(^_^;)
2017年07月24日(Mon) 17:11
 
ozekiさんへ
編集
以前会長に聞いたら、冷凍した大鮎を使うとか言っていました。
皆さんオリジナルのレシピがあるみたいで、なかなか判断正解が分かりにくいですね。
いろいろ試して自分の物にしたいと思います。

ところで、ウルカ作りの歌があるとは知りませんでした。
今度Ryonさんに教えてもらおっと。
2017年07月24日(Mon) 17:30
 
編集
香り良く美味しく鮎を冷凍しないで
甘塩で作るウルカが一番美味しく出来ると思います。三女ちゃも熱いご飯に乗っけて食べると喜ぶよ(o^^o)
2017年07月24日(Mon) 18:32
 
ozekiさんへ
編集
そうなんですね!
冷蔵庫保管なので塩は結構甘塩にしています。
今のところ順調。仕上がりが楽しみです。
2017年07月25日(Tue) 08:42
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム