水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2017 ≫ 天然発見!都会の川

天然発見!都会の川

気が付けばもう9月です。
今日は休みの予定でしたが、急遽夕方に仕事が入りました。

一日の釣行は無理なので、仕事までの間、気になっていた職場近辺の川を調査することにしました。

その川とは、福岡市西部を流れる室見川です。

この川は人口150万人を超える福岡市にあって、今なお多様な動植物を育み、行政や民間の活動により、一定以上の自然環境が保たれています。

福岡市民にとって、春先のシロウオ漁や河口域の潮干狩りは身近なものですし、上流域には蛍の名所やエノハの釣れる支流などもあります。

さて、知っている人は知っていますが、この川には天然の海産鮎が上ります。
毎年春には稚鮎遡上のニュースがありますし、秋には落鮎パターンでスズキを狙うルアーマンが河口域に集まります。

以前は漁協もあり、放流等もしていたようなのですが、10数年前に漁協が解散してからは一部の有志や行事で子供が放流する程度。いれば天然という状況のようです。

私も何度か川見をしていて、少ないながらもいることは確認していたのですが、福岡市内には柳橋連合市場の水槽ぐらいしか鮎を置いているところはないので、これまで手を出さずにいました。

しかし、昨年キラッチさんにコロガシを教えて頂いたので、オトリはこれで確保する事にし、今日は友釣りとコロガシの仕掛けを持って出かけました。

上流から中流まであちこち見て回りましたが、このところの晴天と田圃の水引きで川は渇水状態。

浅い流れで群れ鮎が遊泳しているのも見えますが、これは無理そう。

それでも、中流域に差し掛かる堰堤下の石周りで、数匹の鮎がクルクルしているのを見つけたので早速コロガシ開始。

17090101.jpg

土手から竿が届く範囲だったので、サンダル履きのまま土手から何度か引っ張ったら簡単に掛かりました。

でも、これは心臓に掛かって一発アウト。

仕方ないのでもう一度。

程なくかかりましたが今度は腹掛かり。
なんとか泳ぎそうだったので友釣り仕掛けに変えてみますが、追い気のない群れ鮎に入れても無反応。

しばらくして風が強くなったので終了しました。

いずれも18㎝程の海産らしいスリムな鮎。

17090102.jpg

ちゃんと西瓜の香りがします。
氷で絞めたら身が締まって串を打つのにゴリゴリ。まるで大野川の鮎みたいでした。

これも海産の特徴なのかもしれませんね。

で、食味。

17090103.jpg

都会の川なのであまり期待していなかったのですが、結構美味い!

泥臭いかもと思っていたのですが、全く臭みはありませんでした。

まあ、結構良い水が流れていますからね。

さて、なかなか良いポイントが見つかりませんが、もう少し調査を続け、友釣りが成立する場所があれば次回は真剣に狙ってみたいと思います。

閑話休題、その前に、大鮎狙いに行かなければ…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
以前からブログ見てます。
釣りも料理も(日本酒も?)お得意で見ごたえあります。
室見川 ナイストライです!!
私も福岡なので今度乗り合わせでご一緒しませんか!?
2017年09月06日(Wed) 10:58
 
anaさんへ
編集
こんにちは。明太子です。

はじめまして。でしょうか?

いつも拙ブログをご覧いただきありがとうございます。
福岡にお住まいでしたら、室見川や那珂川、山を越えて嘉瀬川なんかも気になっているのでは?

こういったマイナー河川にはなかなか情報がないし、オトリを置いているところもないので自分で開発するしかないのですが、それもまた楽しいですね。

ブログのコメント欄ではやり取りしづらいので、よろしければ、一度メールフォームから連絡ください。

PC画面で見ると左下にあると思います。
2017年09月06日(Wed) 12:41
 
更にディープに如何?
編集
室見川はもう少し水量があったらいい釣り場になるのに惜しいですね。が、金屑川や樋井川にもアユは上ってるはず。ここは一つ、友釣りの限界点を探ってみられては?(道具が汚れそうで絶対やらないですよね(笑))
冗談はさておき、下水道の整備のお陰か、市内の川は私が子供の時よりは格段に綺麗になってます。子供が入って遊べるくらいまでになってくれたらいいんですけどね。
2017年09月06日(Wed) 21:33
 
Re:BlackArrowさんへ
編集
金屑川や樋井川でも鮎の魚影は確認していますが、住宅街の真ん中なので道具の汚れ以前にギャラリーがですね…(笑)
室見川は確かに水量が多ければ小さい玉島川くらいにはなるのかな?とも思いますが、流域人口が多くて取水も多いので今後も流量が増えるのは厳しいでしょうね。
因みに、昨年三女と内野あたりで川遊びしましたが、水はかなり綺麗でした。潜ってみましたが、砂底にはシマドジョウやカマツカなども結構いましたよ。水温が低ければ、下ってきたエノハも大きくなると思います。
2017年09月08日(Fri) 10:08
 
ご無沙汰しております
編集
ブログ更新してましたね!
FaceBook飽きてきたので、寝ている自分ブログでも起こそうとリンクチェックしていました。
渓流シーズン残り少なくなってきましたが、時間が合えばぜひ行きましょう
2017年09月16日(Sat) 09:25
 
shallowriveさんへ
編集
ご無沙汰してます。
ブログは細々と続けていましたよ…(笑)
秋の渓流もなかなか趣深いですよね!
今シーズン、もう一度イワナに行きたいと思っています。
時間を見つけてぜひご一緒しましょう。
2017年09月16日(Sat) 21:16
 
はじめまして
編集
「室見川 鮎」で検索してたら、たどりつきました。
室見川の近所なので、こんなそこそこの大きさの鮎が釣れるなんて驚きです!

もしかして、12日の大鮎チャレンジの投稿は、福岡県南の○部川ではないですか?
今年始めたばかりの初心者の私にも、大鮎(といっても29cm・・・)を
釣らせてくれた、心優しい川です(^^
台風が過ぎて落ち着いたらまた行こうと思ってます。

ブログまた寄らせてもらいますね。
2017年09月18日(Mon) 00:02
 
しろうお1号さんへ
編集
はじめまして。
室見川の鮎ですが、結構上って来るみたいなのでお近くなら探してみられたらいかがですか?落ち鮎の時期は最下流の堰近辺に結構溜まるらしいですよ。
今後ともよろしくお願いします。
2017年09月18日(Mon) 18:53
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム