水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2017 ≫ 大鮎チャレンジ2回目

大鮎チャレンジ2回目

夏休みの残りを使って釣行のつもりが未明にかけて大雨の予報。

またタイミングが悪いなと思っていると、どうやらそんなに降らない様子。
それならと、大鮎目指して前回ノリさんと釣行した川に向かう事にしました。

今日は、同じ福岡在住で以前からこのブログを見てくださっているanaさんが午後から合流する予定。

午前中に少し偵察しておこうと、ひととおり知っているポイントを見て回りました。

まずはオトリ取り。

17091201.jpg

前回と全く同じポイントではじめましたが、早々に掛かったのは22㎝くらい。
その後も24㎝、26㎝と小型が続きます。

前回良型が掛かった淵も無反応…。
大きいのは下ったのかな?

そうこうしていると、anaさんから到着の電話があり待ち合わせ場所へ。

初めてお会いしたanaさんは、予想どおり穏やかで紳士的な方でした。
お土産までいただき、大変恐縮です。ありがとうございました…m(_ _)m

少しお話して早速ポイントへ向かいました。

最初はノリさん命名の「明太子の瀬」に入るつもりでしたが残念ながら先行者あり。

残念…。

そこで、かなり下まで下ってみることにしました。

行った先は川が絞り込んで長い瀬になっているポイント。
明け方までの雨の影響で水は5㎝程高いですが、濁りもなく水温もちょうど良い感じ。

セオリーどおり瀬肩にオトリを泳がせてみるとカカカッ。

今日はいけるかな?と思ったのですが、ポツポツ掛かるには掛かるのですが、やっぱり型がイマイチ。

途中からanaさんとポイントを交代して釣り下ってもらいましたがanaさんも結構苦戦している様子でした。
それでも、深瀞で囮が獲れたようで一安心。

しばらくこの瀬を上ったり下ったりしながらポツリポツリと掛けていきました。

17時を回り、日が傾きはじめましたが、目を付けていた上流の瀬に人がいなかったので最後の勝負でそこを攻めてみることにしました。

2人で長い瀞場を川通しで移動。さながら水中歩行訓練のようでした…(笑)

anaさんには瀬から瀞に入る良さそうなポイントに入ってもらいましたが、程なくして竿が曲がりました。
この川らしい幅広の良型鮎のようです。そこから3連続の入れ掛り。

17091202.jpg

私は根掛かりで2ロスト…(笑)

かなり暗くなってきたので本日終了。
今日は大きいのでも27cm止まり。ツ抜けもできず惨敗でした。

17091203.jpg

大きいのを見せられなかったのは残念でしたが、anaさんは27.5cm頭に楽しんでもらえたようで何よりでした。

着替えを済ませ、私は下道で帰るので大通り沿いでお別れして帰宅。

帰ってからはいつもどおり塩焼きに。

17091204.jpg

付け合わせは茗荷の梅酢漬け。もちろん梅酢は自家製です。
カボスも合わせてちょっとだけしゃれた感じに…(笑)

さて、週末は台風の予報。
時期的に大増水になると一気に終わってしまうかもしれません。
日田・朝倉の被災地も心配ですね。被害を大事にならないように祈っています。

もし適度な雨なら次こそは尺を取りたいですね。

anaさん、来シーズンになるかもしれませんが、また行きましょうね。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
先日は大変お世話になりました。
私なりにいい釣りができました。
またブログに登場させていただきましてかさねて…感謝です…m(_ _)m
県南から熊本はまだできそうですか?!
機会があればよろしくお願いします。
2017年09月20日(Wed) 08:33
 
anaさんへ
編集
先日はお疲れさまでした。
尺は出ませんでしたが、楽しんで頂けたようで何よりでした。
今度の台風ですが、県南には大きな影響はなかったようです。
大野川でもあれだけの増水にも関わらず鮎はいるようなのでまだまだチャンスはありますよ!
まだ納竿せずに様子を見ましょう。
2017年09月20日(Wed) 09:21
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム