FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2017 ≫ 2017年渓流フィナーレ

2017年渓流フィナーレ

尺鮎を釣った翌日。

伸び放題になっていた髪を散髪し、午後からは温泉にでも入りに行こうとしていました。

しかし、よく考えると9月も終盤。渓流釣りの禁漁はもう目の前です。

最終日の9月30日(土)は三女の幼稚園最後の運動会。

毎日一緒に徒競走の練習をしてきたのでこれは絶対外せません。

そこで、今シーズンの最後にエノハの顔でも見に行こうと、いつもの日田漁協管内の沢に向かいました。

散髪が終わり自宅を出たのが12時半。

そこから下道でゆっくり日田方面へ。

風は随分涼しくなり、クーラーなしでも快適に走れます。

17092401.jpg

渓沿いの棚田には、黄金色に輝く稲穂に彼岸花が鮮やかでした。

15時半現地着。

早速着替えて渓に降りました。

有名な渓なのでいつもは人が多いのですが、皆午前中で上がったのか、最後に遠征でもしているのか、今日は一人の釣り人もいません。

水はジンクリア。気温も長袖シャツ一枚でちょうど良い感じ。

17092402.jpg

目の前の流れ込みに毛鉤を浮かべると、早速新子が飛び出しました。

17092403.jpg

今日は良いかもしれません。

数匹の新子を釣っては放しを繰り返しながら釣り上っていきます。
しばらく行くと、岩盤に流れがぶつかって直角に曲がるプールに差し掛かりました。

ここは流れが複雑な上に深く抉れているので、ドライフライではなかなか厳しいポイントです。

数投して無反応だったので、移動しようと思ったのですが、どうも流芯脇の巻き返しが気になります。

そこで、流れに乗せてフライを沈め、ウェットフライのように誘ってみました。

すると、黒い影が浮上してきて水面下で反転。

軽く合わせを入れるとしっかり乗ったようです。

大鮎程ではないですが、結構引くので慎重に寄せました。

17092404.jpg

メジャーを当ててみると28cmあります。

小さい沢なのによく肥えていて腹はパンパン。
おそらく中身は卵でしょう。

一瞬迷いましたが、毎年この沢で遊ばせてもらっているので、来シーズンの事も考えて優しくリリース。

沢山子孫を残してほしいですね。

さて、もう少しと思っていたら、鮎焼き中の寅爺様からLINEが入ったのでそちらに向かう事にしました。

木の花ガルデンで寅爺様、聖ちゃんたちとしばし歓談。

また下道を通って夕飯までに帰宅しました。

さて、今日は正味一時間の釣りでしたが良い魚と出会う事が出来ました。

今シーズンの渓流釣りはこれで終了ですが、良い形で終われたと思います。

あとは再び大鮎狙いか、正月の昆布巻きの鮎を獲るためにコロガシか…。

次はどこに行きましょうかね?
スポンサーサイト

コメント

 
9月の良型
編集
2017渓流フィナーレは良い型で締めましたね
自分は今年も渓流行かなかったし、丸2年以上は行ってないような(^^ゞ

この時期この個体確かにリリースで良かったと思います。
判断素晴らしい、さすがです。

来年こそはイワナ釣りでもご一緒しましょう♪

2017年10月03日(Tue) 23:27
 
shallowriverさんへ
編集
2年も渓に立ってないですかね?
ウェーダーカビが生えてませんか…(笑)

渓流もこのところリリースはしていなかったのですが、冷蔵庫にはたくさん鮎が入っているし、大きなお腹を抱えて可哀想だったので、種族保護のためにリリースしました。

今シーズンは尺も釣ったし、イワナも釣ったし、渓流釣りに関してはまずまずの年でした。
来年は是非山岳渓流歩きましょうね!
2017年10月04日(Wed) 14:53
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム