FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2017 ≫ 納竿釣行ふたたび…(笑)

納竿釣行ふたたび…(笑)

山地は紅葉の季節に入りました。

17110301.jpg

三連休の初日、連休中は久しぶりに天気が良さそうです。

最初は海に行こうかと思っていましたが、白滝橋がまだフィーバーしているようなので思い切って行ってきました。

前日最終釣行したキラッチさんによると、下流側のほうが掛かっているとの事。

人が多いという事なので、夜中に出発して一路大野川へ。
漁協のブログの情報のとおり、7時過ぎに到着した時には既に6~7人入っていました。

着替えをしながら川面を見ていると、前回入ったポイントでまた大量の鮎が跳ねています。
前回爆釣していた地元の名人も、相変わらず同じ場所で掛けまくっていました。

そこで、名人同様下鉛仕掛けにしてその近くで竿を振ってみますが、今日も微妙に届きません…。

このまま粘ってもドツボにハマるだけ。

そこでキラッチさんに教えてもらったとおり下流の瀬に向かいました。

下流では、地元の方数名がバンバン掛けています。
そのうちの一人は釣玉茶番劇の話題にも出てくるタケオさんでした。

ご挨拶して、最初は50m程下流をやってみましたが、たま~に跳ねはあるものの掛かりません。

おそらく掛かる群はタケオさん達の目の前の狭い範囲に固まっています。

そこで、タケオさんにお願いして、隣で竿を振らせていただくことにしました。

タケオさんは大野川の名人です。

大野川の鮎の習性やコロガシの仕掛け、料理方法などいろんなことを教えてくださいました。

コロガシは簡単なように見えて奥の深い釣り。針の種類や結び方、鉛の選択など快く教えてくださりとても良い勉強になりました。

タケオさん、大変お世話になりました。また川で会いましたらよろしくお願いします…m(_ _)m

さて、私も良い場所に入れたのでそこからは順調に掛かりました。

タケオさんは群を散らさないように、時折河原で昼寝などしながら相当な数を掛けています。
2つの舟を使って、真子入りとクロスケとを選別し、舟に入らなくなった鮎はスカリに移していました。

私はそこまで掛かりませんでしたが、それでも引き船に入らなくなって、午前中に一回鮎を〆ました。

昼を過ぎて2回目を〆て、クーラー一杯になったので本日(今シーズン)終了。

17110302.jpg

帰路は妹と待ち合わせをし、大量の鮎を半分渡しました。
それから天ヶ瀬に寄って露天風呂に入り、鳥刺しを買ってゆっくり下道で帰ってきました。

さて、帰ってきてもまだこの量が残っています。

17110303.jpg

まずは焼き干しと甘露煮用にオスの腹を抜いて冷凍。

真子入りのメスは串を打って塩焼き

17110304.jpg

オスからとった白子は湯通しして柚子胡椒とポン酢で。

17110305.jpg

良い肴になりました。

さて、翌日。

天気が良いので、鮎の道具を片付けつつ、焼き干しを作りました。

17110306.jpg

一回2時間、鮎七輪を2回転半して、20匹程のクロスケを炙り干しました。
こいつを3~4日干してカラカラにしたら焼き干しの完成です。

炙って骨酒にしたり、雑煮の出汁にしたり用途はいろいろあるので出来上がりが楽しみです。

さて、ベストもタイツも洗濯し、竿にもコーティングして物理的にも完全終了。

17110307.jpg

次こそシーズンの総括をして、次こそ海に向かいますよ…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 
ふたたび?!
編集
行ってましたね…(笑)

竿の写真までアップしてたからもうないのかな…(笑)



2017年11月07日(Tue) 08:47
 
anaさんへ
編集
竿も船もウェーダーも何もかもしまったのでもうないです…(笑)
2017年11月07日(Tue) 10:24
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム