FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOPスポンサー広告 ≫ 今年は順調な滑り出しTOP鮎2018 ≫ 今年は順調な滑り出し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

今年は順調な滑り出し

楽しみにしていた川がようやく解禁しました。

しかし、土曜日解禁だったもののタイミング悪く私は仕事…(泣)

皆さん前日から旅館に泊って盛大に前夜祭。

解禁日にはあわや束釣りという先輩も…。

気持ちばかり焦りますが、こればかりはしょうがありません。

土曜日の業務が終わったら速攻で家に帰り、ビールを一本飲んで即就寝。

早朝に起きだして川に向かいました。

6時半現地着。

祭りの後のようなまったりした空気が漂う中、臨時開店の寅屋の前で前日大爆釣したY先輩がオトリ缶に入らない鮎の整理をしていました。

早速着替えて川に入ろうとしたら、ジャストタイミングでテルさんからの電話。

ポイントを確保してくれているとの事なので、急いでそちらに向かいます。

18061701.jpg

現地では既に千鮎さんが竿を出しています。
見てる間に一匹掛けましたが、結構良いサイズ。

慌てて早瀬竿から急瀬竿に持ち変えました。

で、千鮎さんからオトリと遊漁券を分けてもらい、まずは目の前の流れへ。
ツツッと泳がせたらいきなりガツン!

18061702.jpg

いきなり24㎝くらいあります。

これはマズイ。

仕掛けは複合の006、付け糸はフロロの04なので仕掛けの強度は問題ないと思いますが、針は7号の4本イカリと細軸の7半三本イカリしか持ってきていません。8号持って来ればよかった…(^^;

掛かったオトリをテルさんに渡して、もう一匹。

そこから目の前の瀬の中のめぼしいポイントを探りながらポツポツ追加。

しばらくして反応がなくなったので、群れ鮎が溜まりそうな下流の淵に移動してみました。

ここは橋の上にできた水深のあるプール。
オトリを入れたらすぐに群れ鮎の反応がありますが、追って掛かってるわけではないので針が合わないのか水中でバレが続きます。

それでもなんとか2~3匹掛けたら、頭の上が騒がしくなりました。

橋の上には様子を見に来た寅爺様、聖ちゃん、よっちゃん。

そこには鮎がいないだの、針を長く出せだの、チラシにしろだのそれぞれに指示が飛びます。

で、寅爺様のチラシ案を採用し、8号の2本針を長く出して泳がせたらカカカッ。

はい。寅爺様の言うとおり…(笑)

しばらく釣って昼食休憩。

午前中は23匹でした。

千鮎さんは朝から50匹以上釣ったとの事で、これ以上釣ったら移動中に死んでしまうからと言って移動していかれました。

そこで、午後からは千鮎さんが釣っていた瀬の近辺をテルさんと二人でやってみることにしました。

鮎をオトリ缶に移して再開。

掛かるには掛かるのですが、瀬の中で大型が掛かったり、風が吹いたりするとポロッ。

一角の7半三本イカリでは顎が伸びるし、掻き傷は大きくなるし、やっぱり針が小さすぎるようです…(泣)

しょうがないので瀬を避けてトロ場の泳がせに専念し、引き寄せて獲ることにしました。

水の綺麗な川なので、鮎が掛かっているところが良く見えます。

オトリを寄せようと引揚げた瞬間に反応して掛かる鮎や、掛かってもオトリに並走して泳いでいる鮎。
いずれも目印を見ただけではわからない情報です。

さて、私があまりにもバラすので、見かねたテルさんが良い針を一本針恵んでくれました。

廃盤になっているというこの針、掛かりが良い上にバレも少なくなかなか良い具合。

そこからはバラシもなく、順調に取り込みができました。

多分、この針一本で10匹以上掛けたと思います。

しかし、さすがに何匹も掛けていると、根巻が緩くなったので交換。

でも交換したらまたバラシ…。

16時を回って追いも悪くなったので本日終了。

釣果は54匹。

18061703.jpg

昨年惨敗したことを考えると、20㎝~25㎝の良型鮎がこれだけ掛かれば御の字です。

気分よく家に帰り、鮎を焼いてみました。

18061704.jpg

大型はもう背中に脂が入っていて美味い!

三女は大喜びで、ポン酢をかけて腹まで突っついていました。

さて、今日は父の日というのを忘れていました。

娘達からもプレゼントをもらい、良い休日になりました。

この二日間で場荒れもしたと思うので、こんなにうまくはいかないと思いますが、また通ってみようと思います。

千鮎さん、テルさん、皆さま本日もありがとうございました…m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

 
編集
明太子さんといい、ノリさんといい、鮎遊会の若手はノンビリ派が多いのかな?
会のベテランや重鎮の方達の方がギラついて、もとえ、貪欲、いや、真剣ですね。
ボチボチ下克上を目指しましょう‼️
2018年06月18日(Mon) 20:44
 
tsunosanへ
編集
う~ん。
その気はあるのですが働き盛り?には少し辛いところです。
先輩方もまだバリバリの現役ですしね!

とりあえず、コンスタントに1日50匹以上掛けられるように
なったら考えます。今のところ、

我、未だ鵜たり得ず

です…(笑)
2018年06月19日(Tue) 10:11
 
No title
編集
日田の解禁はへこんでたようですが立ち直ってますね。
人も川も(笑)
この時期25㎝はすごいね!
湖産じゃないでしょ。 
海産?
どうゆうことなの??
2018年06月19日(Tue) 11:47
 
anaさんへ
編集
それが、姿形が天然物みたいに綺麗なので、早い時期に上った湖産なのか、海産放流なのかよくわからないんですよ。
いずれにしろ、幅広のかなり仕上がった良い鮎ですね。
今回は疲れててそこまで出来ませんでしたが、次はうるかでも仕込んでみようかと思っています。
2018年06月19日(Tue) 12:22
 
No title
編集
 今日で川がリセットされた事だし
状況がよくなれば、休んでも行きましょう
デカイのは真子詰めてたので増水でダムまで下らないように
お祈りしましょう。

  天ヶ瀬もよくなりますよ(笑
2018年06月20日(Wed) 17:37
 
Ozekiさんへ
編集
良い水が出ましたね!
これから引いて来れば引き水の時は爆釣かもしれないですね~。
最近天ヶ瀬で釣ってないので、そちらもいかないとですね。
楽しみにしています。
2018年06月21日(Thu) 09:37
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。