水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2013 ≫ 梅雨の釣り

梅雨の釣り

前夜からの雨で今日は鮎掛けは無理だろうと思っていたところ、9時過ぎくらいから曇り、なんとか持ちそうな空になりました。

寅屋の掲示板では天ケ瀬は濁りがあるとの事で厳しそう。
でも、明日は仕事なので行くなら今日しかありません。

どうしようか迷ってまつお釣具に電話してみたところ、「大山だったら大丈夫では?」というので、急遽日田に向かいました。

インターを下りて豆田町の花月川を見ますが、見事なカフェオレ。
玖珠川との合流点付近では、大山川からの水は笹濁り。
いけると踏んで大倉釣具で囮を仕入れてB&G裏に向かいます。

11時半、釣り開始。
何人か釣り人がいますがさっぱりの様子。
私も2時間もかけて2匹の貧果。

これはマズイと場所移動して市内近郊をグルグル回ってみましたが、どこもあまり芳しくない様子です。昼を過ぎて人もまばらになり始めました。

時間はもう14時。玖珠川の濁りも若干薄くなった気がしたので、とりあえず女子畑の近くの瀬に入ってみます。

濁りの薄そうな流れを見つけて丁寧に探ると、追いは良くありませんがポツポツ掛かります。

しかし、3匹程掛けたところでまた増水。濁りもきつくなってぜんぜん追わなくなりました。みんな川から上がっていきます。

今日はツ抜けもできないまま退散かと思いましたが、とりあえずタイツのまままた市内をウロウロ。

まつお釣具の横を通過し、かなり下流まで下ると長い瀬の上下に2人刺さっています。
見ている間に一匹掛かったので、真ん中に入れてもらい釣り再開。
時刻は16時を回っていました。

いつもより20cmぐらい増水しているそうなので、背針を打って流れの筋を引いていくとポツポツですが掛かります。ただし、追いが悪いので鮎は真っ白。目印が吹っ飛ぶような爽快な当たりはありません。

17時の音楽が鳴り、少し寒くなってきたので17時半終了。

ayu130615.jpg
養殖囮は明日の誰かのために放流し、全部で14匹、最大23cm。何とかツ抜けできました。
私の腕で今日のような状況ではこんなものでしょう。

明日は晴れの予報。水も落ち着き、濁りが取れてよく掛かるでしょう。
私は頑張って仕事します。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム