水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2013 ≫ 友釣り道場

友釣り道場

大雨の後で厳しいのは分かっていましたが、明日も仕事なので今日しか行けません。
寅屋の掲示板では昼からなら釣りになりそうとのことなので、13時過ぎに現地入りしました。

水量的にはなんとか釣りになりそうでしたが、放水口から濁りの酷い水が入って左岸側は厳しそうです。この濁りは上流の採石場のせいだったようで、寅爺様が大変憤慨して抗議に行かれました。

寅爺様が疎開させていた囮の到着を待って、14時くらいから釣り開始。
17時半までやってわずか5匹の貧果でしたが、釣り人も少なかったので寅爺様が付きっきりでいろいろと親切に指導してくれて大変勉強になりました。

竿の持ち方や竿先の止め方、囮の操作など「眼から鱗」が満載でした。
囮が追われている感覚や微妙なテンションの囮操作など、普段の自分は随分違うことをしてたみたいです。

特に、小さな囮でも結構な強い流れに入れられるのには驚きました。
そんなつもりはなくても、いつも引っ張りまわしてバテさせていたのでしょうね。

鮎掛け以外にも、「あまがせ鮎遊会」の由来や寅爺様の修行時代の話、昔の天ヶ瀬の大鮎釣りの話、著名な方々との鮎掛けを通じた親交の話など、とても楽しいお話を聞かせていただきました。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

さて、夕方には濁りも取れて水も引き始めたので、日が照れば明日はかなり良い状況だと思います。

私は涙を飲んで仕事します…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム