FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2019 ≫ 令和元年鮎漁解禁

令和元年鮎漁解禁

いよいよこの日がやってきました。
私は天ヶ瀬旅館に宿泊し、前夜祭から参加です。

しかし、梅雨の走りか天気はピンスポットで雨の予報…(泣)

前夜祭もいつもの公園から天ケ瀬旅館大広間に変更になりました。

大阪のtsunosanからわざわざ送っていただいた焼酎や、皆さんからの差し入れが美味しくて、会の皆さんとの宴会が楽しく調子に乗って飲みすぎました。

ご準備いただいた皆様、いつも本当にありがとうございます…m(_ _)m

さて、終わりが何時だったのかわかりませんが、結局、最後の最後まで飲んでしまって撃沈。
翌朝は旅館の前で釣っている方達の話声で目覚めました。

時刻は既に8時半を回っています。
しばらく起き上がれずウダウダしていましたが、意を決して起き上がりました。

本当は花月川か赤石川にでもと思っていましたが、このまま車を運転したら間違いなく飲酒運転になります。移動はあきらめ、温泉街で解禁する事にしました。

ちょっと飲み方が悪かったですね。猛省しています…(+_+;

さて、温泉街は釣り人で埋まっていますが、半分くらいは仲間です。空いている場所に入れてもらいました。

9時過ぎ開始。天気はどんより曇り空。
ひんやりした空気は二日酔いにはあり難い…(笑)

川は放水口からの濁りが酷く、右岸と左岸で川の色が違います…。

頭が痛くていろいろ考えるのが面倒だったので、とりあえず用意していたフロロ025の仕掛けに7号の4本イカリで足元から泳がせたら、程なくして掛かりました。

19052001.jpg

しかし、追いが悪いのか口掛り…。
そこで、針を6.5号に変更し、指4本分出したらようやく背中に乗るようになりました。

でも、順調に釣れ出したかと思ったらパタリ。
こういう時はじっくり泳がせか、足で稼ぐしかありません。

仲間とあれこれ話しながら、空いている場所を見つけては数匹ずつ拾い釣りしていきました。

昼を回って一旦休憩。

昼から良くなるかと思ったら、14時を回ったあたりからだんだん雲行きが怪しくなり、15時には土砂降りになりました。

川は濁って増水し、どうにもならなくなったので本日終了。

19052002.jpg

釣果は27匹。12㎝~13㎝のイリコサイズから20㎝まで、アベレージは17~18㎝といったところ。

ゆっくり下道で帰って、三女と一緒に令和初の鮎料理を楽しみました。

19052003.jpg

定番の塩焼きにちび鮎の唐揚げ。
久しぶりに食べると美味いですね~。

さてさて、令和元年の鮎シーズンが開幕しました。

当初は雨で釣りできないかもという状況の中、まずまずの解禁になったのではと思います。

これから田植えの濁りが解消し、水温が上がってくれば鮎も散って温泉街一面で掛かるようになるでしょう。

体調を万全に、今年も鮎シーズンを楽しみたいと思います。

取り急ぎ、皆様解禁おめでとうございます!

スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム