FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2019 ≫ 山国川解禁

山国川解禁

毎年6月10日は山国川の鮎漁解禁日です。

ここ数年釣行していなかったのですが、今年はどこの河川も厳しいので、一縷の望みをかけて山国川へ釣行しました。

前日、松田おとり店さんに予約を入れ、5時半頃到着。

久しぶりの山国川。

解禁日とあって、店の前には既に何人もの釣り人がいます。
今年は昨年の二割増しくらいで放流しており期待できるとの事。

私も早速年券とオトリを購入し、目の前の友釣り専用区から釣りはじめました。

今日は晴れの予報ですが空気はひんやりしており、まるで5月初旬の朝のよう。

目の前の流れを攻めてみますが、渇水の上に水も冷たく、反応はイマイチ。
数日前の雨はどこへいったのでしょう?

石は磨けているので鮎はいるはずなのですが…。

しばらくして寅屋御一行様到着。

聖ちゃんが浅いところを釣った方が良いというので、ちゃらちゃらをやってみたらビューン。

渇水だからかなんだかよくわかりませんが、流芯などのいかにもポイントでは全く掛かりません。

私は寅爺様に言われたとおり、上流のトロ場の群れ鮎を狙ったり、膝下くらいの浅場を狙ってポツリポツリ。

なんだか今日も土曜隠れの攻略のような神経質な釣りでした…(泣)

全体的に厳しかったのか、今日は昼までで上がる方も多くいらっしゃいました。

それでも、上手な人(どこかのプロ?が来ていたみたいです)はコンスタントに掛けていましたので、腕の差がつく一日だったと思います。

私も3時頃まで粘ったのですが、あまり掛けきれないし、風が出てきて気持ちも萎えたので一旦上がって上流のポイントを見て回る事にしました。

と言っても、山国川はあまりポイントを知らないので、釣り人が入っているところはポイントなんだろうなぐらいのものです。

ちょうど上がってきた釣り人に様子を聞くと、午前中は0でようやく10匹釣れたので帰るとの事。
やっぱり上流も状況は良くなさそう…。

そのまま帰ろかと思いましたが、何匹か釣れているならと思い、その方が釣っていたポイントで竿を出してみることにしました。

渇水の上に上流域なのですごく浅くなっています。

19061001.jpg

それでも足元から泳がせていったらビビビッ。

長めに出しているのに顔掛かり。渋い上に人のやった後なので追いが遠いのでしょうね。

しばらくしてもう一匹。

3匹目を掛けた後はアタリが遠のいたので本日終了。

釣果は23匹。

19061002.jpg

期待していたほどは掛かりませんでした…(泣)

でも、山国川は水が綺麗なので鮎が美味い!

19061003.jpg

さてさて、頑張ってはみたものの今日も厳しい釣りでした。

やっぱり雨が降らないとどうしょうもないですね。

まあ、群れ鮎はいっぱいいたので、梅雨明け後の盛期に期待しつつ、それまでは盛期用の仕掛け作りかな?

まだまだ諦めきれません。
スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム