FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2019 ≫ 令和元年鮎の旅

令和元年鮎の旅

今年も35℃を超える酷暑日が続いています。

19081001.jpg

昨年末のanaさん達との忘年会で、今年の夏は鮎遠征する約束をしていました。

当初は大野川や一ツ瀬を考えていたのですが、どこも状況が良くないようです。
夏休みで混雑することも予想されたので、私の提案で天ヶ瀬旅館を拠点にして近場の川の中から当日状況の良さそうな場所に入ることにしました。

6時に自宅を出発し、大倉釣具でanaさん、ikeちゃんと合流。

日釣券と囮を購入し、私の先導で30分程山道を走って目的の川に到着。

結構メジャーな川ですが、今年は解禁から状況が良くなかったので全く釣り人がいません。

とりあえずポイントを説明し、ikeちゃんが最下流、中間にanaさん、私は川沿いの遊歩道を歩いて上流に向かいました。

今年はあまり人が入っていないので、うまくしたら爆釣かも?
と思って入ったポイントでしたが、期待とは裏腹に反応薄。

入って早々に7寸くらいの良型が掛かったものの、1つのポイントで1匹掛けたら次がなかなか次が掛かりません。

しかたないので長い瀬を下りながらポツポツ拾い釣りしていきました。

例年ならこの時期でも遅れて遡上した天然の小鮎が群れているのですが今年はあまり見られません。
やはり裏年なのでしょうね…。

そんなふうにして、午前中はポツポツ。
 
昼前にanaさんと合流しましたが、下流も芳しくない様子でした。

そこで、一緒に目の前の深瀞を釣って、良型を1匹追加。

もう1匹掛けたところで私は一旦昼休憩。

19081002.jpg

昼まで17匹でした。

追わない時間帯は昼飯を摂って木陰でうとうと…。

昼からどうしようかと考えましたが、下流エリアは人が増えたようなので思い切って移動することにしました。

行った先は、釣れない時にごくたまに入るポイント。
流れがきついのとアクセスが良くないのとで普段からあまり人がいません。

今日も少し水が高いので、フロロの04から複合の01に変更し、2号の鉛を打って流心脇に止めたらココッ、ビューン!

なるほど、こういうところね。

そこから同じような釣り方で数を重ねていきました。

サイズは20~25cm。

19081004.jpg

午前中のポイントより一回り大きく幅広で、中には真子・白子を詰めていそうなのもいます。

途中、背掛りの良い囮がとれたので、鉛を外して対岸側の流心で横スライドさせたら、一発で目印が飛びました。

しかし、竿を立てる間もなく一気に下流に走られ、06の上付糸のところからプツン…。

あぁ…。

もしかしたら鮎ではなかったのかもしれませんが、鮎だとしたらかなり大きかったと思います。残念!

さて、しばらく釣って16時近くになりました。
今日は温泉に入って宴会するので、17時には上がる予定です。

このまま終わらせるのはもったいないと思い、電話でanaさんを呼びました。

anaさんは、小さいながらもポツポツ反応があるので時間まで目の前の流れで粘ろうかなと言っていましたが、私が最後の1時間だけでも来たらどうかと誘うとその気になったようです。

しばらくしてanaさん到着。

私の上流の深瀞を泳がせて良型を2匹追加。

ね、来てよかったですしょう…(笑)

17時過ぎ終了。

午後からはこれくらい。

19081005.jpg

一日の釣果は37匹。もう少し粘れば40匹いったかもしれませんが、
この時期にこれだけ良型が掛かれば御の字です。

今日は素泊まりなので、三人で宴会用の買い出しをし、天ヶ瀬荘に向かいました。

荷物を下ろして鮎を冷凍したら、温泉に浸かって宴会のはじまり、はじまり~!

あ~だ、こーだと鮎談義しながら天ヶ瀬の夜は更けていくのでした…(笑)

さて翌日、目の前の天ヶ瀬温泉街は朝から満員御礼。

夏休みだからか、今年はじめたような初心者っぽい方もちらほらいます。
しかも、ほとんどが最近流行りのライトスタイル…。

因みに、キラッチさんのブログを見ればわかりますが、ライトスタイルは大手メーカーが売り出す遥か以前に鮎遊会のY先輩がはじめたものです。

Y先輩のところにはメーカーから何の連絡もないとの事。

メーカーさんちゃんと許可とってくださいね…(笑)

さて、ピーカンで気温も高く、濁りもあって今日は相当厳しそう。

私もすっかり追い星が消えて朝風呂浴びてまったりモード。

これ以上釣ると冷凍庫に入らないし、昨日頑張って釣ったので、anaさん達と別れて買い物しながらゆっくり帰ることにしました。

お盆のお供えにスイカと葡萄を購入。

19081007.jpg

葡萄はいつも朝倉の農家さんの直売所で買っていますが、今年はあまり出来が良くないとの事。

帰ってひと風呂浴びて昼寝をし、クーラー利かせた部屋で梅ジュースを飲みながら大鮎用の仕掛けを作りました。

19081006.jpg

さてさて、いつも行く近場ではありましたが、渋滞にも巻き込まれず楽しい釣り旅になりました。

anaさん、ikeちゃんお疲れ様でした。

次は三女との約束がありますので、一休みしてその準備です。
スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム