FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP未分類 ≫ 釣り場探索

釣り場探索

昨シーズンの終盤は、いろいろ予定があって良い日に釣行できず、尺鮎には恵まれませんでした。

今年もそろそろ大鮎シーズンに入ってきたので、尺鮎河川の候補の一つ、矢部川の様子を見に行くことにしました。

矢部川は自宅から比較的近いのですが、釣行機会も少なく実はあまりポイントを知りません。

早朝に家を出発し、立石釣具店で遊漁券とオトリを購入。

まずは一昨年先輩に教えてもらったポイントからやってみます。

19081701.jpg

以前の先輩のアドバイスでは、矢部川はハミ跡があって石色が良ければ素直に掛かるという事だったので、黒い石を探してオトリを入れると程なくして1匹目。

しかし、取り込みに失敗して空中リリース…(泣)

この時期にしては少し小さめのオトリだったので、このバラシで1匹目はグロッキーになり、早々に根掛かってサヨナラ…。

大鮎用に太仕掛けにしていたこともあり、残り1匹のオトリを慎重に使いますが、そこから2匹目までが掛からない…。

オトリのおかわりを考え始めた頃、ようやく掛かったのは22cm程のオトリごろ。

そこから順調に掛かるかと思いきや、午前中粘ってわずかに5匹。
大きいのでも24cmと型もそんなに良くありません。

このオトリを持って本流で一発大物とも考えましたが、せっかく来たので美味い鮎を掛けに行こうと思い、最大支流の星野川に移動する事にしました。

と言っても、星野川のポイントもあまり知りません…(笑)

とりあえず昔入った事のあるポイントに行ってみると、釣り人が一人。

入川ポイントから100mくらい下で釣っているので、入っても大丈夫でしょう。とりあえず下りてやってみることにしました。

ここは禁漁区境の堰堤から下に長大な瀬が続くポイント。

土手から見ると、ところどころ石が磨けているようです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、水が抜群に綺麗で入っていてとっても気持ち良い。

で、良い気になってオトリ缶を浸けて、舟に移そうとしたら一番良い鮎がピョ~ン!

あぁぁ…。

なんか今日は冴えませんね…(>_<)

気を取り直し、良さそうな瀬肩をやってみますが無反応。

少し水が高いのと、太仕掛けなのでうまく泳がせられていないようです。

そこで、水深のある堰堤からの絞り込みに2号の鉛で止めたら一発でビューン!

よしよし。

とそこから三連荘。しかし、堰堤下は川底にゴミが多く、掛かったと思ったら根掛かり…。

外しに行ったらオトリが鼻カンからポロッ。

なんて事を繰り返し、全く数が増えません…(泣)

しばらくして先行者も上がって行ったので、下流の瀬に移動して2匹追加。

でもなかなか後が続きません。

まあ、家族分はあるので、他のポイントの様子を見てダメそうだったら帰って鮎を焼こうと思い、一旦下流に車を走らせます。

途中、以前から気になっていたポイントに釣り人がいます。

土手の上から話しかけてみると、朝からやって5匹との事。

用事があってもう上がると言うのでそのポイントに入らせてもらう事にしました。

初めてのポイントなので、どんなところが掛かるのかわかりませんが、先行者がいたのでとりあえずガンガン瀬の中の棚を鉛で引いてみます。

と、すぐにガツン!

星野川の鮎、サイズの割に良く引きます。

19081702.jpg

競技系とはいえ、一応G社の急瀬竿を使っているのですが、23cmくらいでもなかなか寄ってきません。
尺とった事もある竿ですが、九州の鮎には非力…。
次からは重いけどパワスペに持ち替えようと思います。

で、そこから似たようなポイントを探ってポツポツ追加。

最終的に、17時までで18匹。

19081703.jpg

いろいろトラブルもありましたが、ポイント調査でこれぐらい掛かれば御の字かな?

近場なので、着替えてゆっくり帰途に着きました。

帰って焼いてみましたが、星野川の鮎はやっぱり美味い。

19081704.jpg

数はそんなに出ないですが、食味一番に考えるなら通う価値がありますね。

さてさて、大鮎は掛かりませんでしたが、美味い鮎が掛かりました。

今日掛けた鮎はまだ若かったので、下りはじめるのはまだまだ先のようです。

大鮎釣りも序盤戦。次は引き水の天ケ瀬にでも行ってみましょうかね。
スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム