FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2019 ≫ 尺鮎ダービー最終戦

尺鮎ダービー最終戦

鮎遊会の年間大物賞は、毎年9月末までが締切です。

という事は、この連休が最後のチャンス。

天気が心配でしたが、なんとかなりそうでもあったのでとりあえず日田に行ってみることにしました。

寅屋は鮎焼きで臨時休業中。
オトリがないので、大倉釣具さんに買いに行くと、鮎遊会会長が来ていました。

聞けば、そろそろ日田市内の三隈川が良さそうなので、泊りで市内を釣るとの事。

一瞬ご一緒しようかと迷いましたが、私は前々回29cmを掛けた玖珠川筋のポイントの上流が気になっていたので、とりあえずそこに向かいました。

ここは放流ポイントですが今までやったことがありません。

朝イチから良さそうなポイントを流していきましたが昼までに26cmくらいのオトリ頃が一匹掛かっただけ。

そこで下流に下り、29cmを掛けた瀬肩を泳がせてみたらすぐにビューン!

やっぱりこの時期は場所。いないところで粘っても良い事はないですね…。

で、そのオトリをつけて足元から泳がせたら、何でもないトロ場ですぐに目印が飛びました。

でもなんだか引き方が変…。

目印が小刻みに震えるので、尻尾掛りかな?と思っていたらなんと…。

19092801.jpg

わかりますか?

2本ヤナギの両方に1匹ずつ掛かっています…(笑)

こんなの初めて。

どういう状態で掛かったのかわかりませんが、もしかしたらここは瀬着き場で群れているのかもしれません。

と思ってかなりしつこく粘ったのですが、それっきりでした…。

仕方ないのでお次は温泉街。

Ozekiさんを含め、複数の知り合いがいたのでいろいろ情報交換しながら温泉街を攻めましたが全然掛からない…。

ようやく一匹掛かって上げようとしたら、今年の温泉街名物、ミサゴがザバッツ!

いきなり視覚外から突入してくるので相当ビックリしました。

掛かり鮎は持っていかれ、取り戻した大事なメス鮎も三角形に嘴の跡がついてグロッキーになって使えなくなりました…(泣)

そこで、この場は諦めて、今度は振興局の裏に行ってみると、千鮎先輩とノリさんが釣っています。

しかし、ここも芳しくないようだったので、思い切って市内の会長のところに行ってみました。

着いてみると、ちょうど会長は上がったところ。

聞けば朝から泣き尺含めて15匹も掛けたとの事。

しまった。今日はここだったか…。

時刻は既に17時。

雨も降りだし、網入れの準備もはじまっていましたが、跳ねが見えたので粘らせてもらって一匹追加。

そのまま帰ろうかとも思いましたが、翌日もまだ釣りになりそうだし、せっかく会長がいるので河原に泊って一緒に飲もうと言う話になり、バタバタ着替えて買い出しに行き二人で宴会。

19092802.jpg

心地よい風に吹かれながら、会長と2人で酒を酌み交わし、いろんな話をしながら初秋の夜は更けてゆくのでした。

で翌日。

ご馳走していただいた高級焼酎がまだ利いていましたが、とりあえず昨日跳ねがあった場所へ。

この日はどこかのクラブの大会で三隈川は満員御礼。

でも、一日おきなので今日は掛からない日…(笑)

皆さん苦戦されていましたが、場所によっては尺が出たようです。

私は散々で、15時に寒くなって上がるまでにわずかに3匹。

でも、トーナメンターでもある会長は、厳しい中でもポツリポツリ掛けていき、午前と午後に29.5cmと29.8cmの泣き尺を掛けていました。

この日は寒かったので早上がりしましたが、会長はもう一泊して翌日見事30.4cmの尺鮎をゲットされたとの事。

さすが鮎遊会の会長です。会長、おめでとうございます!

私は今年も大物賞の期間に間に合いませんでした…(泣)

あと、行けるとしても一回。

今年も尺鮎は獲れないのかな…?


スポンサーサイト



コメント

 
尺鮎
編集
尺鮎は鮎師の特権ですね!

昔、四国の川で泳ぎながら鮎突きをしていたら、時々バカでかい影がチラリと一瞬見えることがありました。
速くてとてもとても突くどころじゃなかったのを思い出します。

少しだけでいいから昔のように自由に鮎突きしたいなぁ♪
2019年10月07日(Mon) 23:06
 
じゃんさんへ
編集
この時期の九州のメジャー河川はどこでも尺のチャンスがありますからね~。

実は鮎掛けが上手な先輩方には、潜って鮎の生態を観察した経験がある方も多いんですよね。

ヤスは使っちゃダメだけど、来年は私も水中眼鏡で観察してみようかな…(笑)
2019年10月08日(Tue) 09:33
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム