FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 天然ブリの週末

天然ブリの週末

船釣りで爆釣した鮎遊会のTさんが、天然ブリを一本分けてくれました。

ブリは毎年正月用に佐伯から養殖物を取り寄せていますが、今年の正月は糸島の市場で購入しました。

九州各地からブリが集まっていましたが、中でも目を引かれたのは天然ブリ。

長さの割に引き締まった体形で、値段も養殖物の7掛けくらい。

店の人に聞くと、天然物なので大量に獲れると値が下がるし、養殖に比べて脂が少ないので好みが分かれるとの事。

あっさりしたのが良いならどうですか?と言うので試しに購入してみました。

後でネットで調べると確かに、店員に言われたのと同じような事が書いてあります。

と同時に、寄生虫の事も…。

まあ、天然の青魚ですから、アニサキスとか線虫のリスクがあるのは当然ですね。

アニサキスは怖いですが、ブリの線虫は誤食しても大丈夫みたいだし、線虫だと身に穴が開いていてわかりやすいので捌いているときに取れ(経験あり)ば良いですからね。

さすがに身の中から線虫がビヨーンと出てくると、気持ち悪くはありますが…(笑)

で、正月のブリは幸い寄生虫もおらず、あっさりしていて美味でした。
脂が少ないので捌きやすく、ヒラマサみたいに身がしっかりしていて鮮度が落ちにくく、刺身も食べ飽きずに済みました。

閑話休題。

そんな事があったので、天然ブリを頂ける事になって家族は大喜び。

しっかり神経抜きされた釣り物の天然ブリは、スマートで赤身も鮮やか。

20011507.jpg

早速、片身の腹側の冊を刺身と

20011501.jpg

大分の郷土料理リュウキュウに。

20011502.jpg

2日目は、焼いたアラと昆布で出汁をとってブリしゃぶ。

20011503.jpg

カマは塩焼きに。

20011504.jpg

アラはブリ大根に。

20011506.jpg

3日目は、最後に残った腹側の冊に塩を振り、バーナーで炙ってブリたたきに。

20011505.jpg

いや~、堪能させていただきました。

脂の多い養殖物だとさすがに飽きるところですが、あっさりしているので無駄なく消費できました。

Tさん、ありがとうございました…m(_ _)m

そう言えば、若い頃、職場の先輩に誘われて平戸の落とし込み釣りに行ったな~。
あの時は、ヒラスをが釣れて交際中だった妻の実家に持って行って捌いたっけ。

久しぶりに船釣りに行くのも良いかもな…。

なんて思う週末でした。
スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム