FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 山菜採りの休日

山菜採りの休日

緊急事態宣言で県外への移動もままなりません。

でも、在宅勤務の上に休日まで家にいては、身体がどうにかなってしまいます。

かといって、ウォーキングや散歩をしようにも都市部では公園等が混雑してクラスターになるのではとの声も…。

どうしようか思案しましたが、幸い、私の生活圏でも10~15分車を走らせれば里山があります。

そこで、人を避け理科の授業と散歩の延長ということで三女と共に山へ向かいました。

車で10分少々、途中の公園や川沿いの水遊び場には沢山の親子連れがいます。

天気も良いし、家に居させられないんでしょうね。無理もない…。

屋外ですが密集にはくれぐれもお気をつけください。

そんな人々を横目に、我々は山に入って適当なスペースに車を停め、誰もいない林道を歩きます。

鶯の唄を採点し、アザミ、キンポウゲ、山藤、マムシグサなど、春の草花を愛でつつ…。

20042601.jpg

さて、今回の目的は、2割が散歩、8割が蕗の収穫です。

身近な山菜の蕗はちょっとした里山であれば、いたるところに自生しています。

当地で茎が食べ頃になるのは丁度この時期。

蛇や虫に気をつけさせれば子供でも簡単に収穫できますし、一度の夕食であれば30本もあれば十分です。

必要な量はすぐに集まったので、もうしばらく里山で遊び、カップラーメンを食べ、また誰とも接触しないように帰ってきました。

20042602.jpg

で、帰ってからは蕗料理。

まずは下ごしらえ。これも授業の一環です。

ざっと水洗いして塩を振りかけ、まな板の上でゴリゴリと板摺り。

20042603.jpg

そのまま熱湯に入れて5分。冷水にとって皮を剥き、適当な長さに折りつつ、皮や余分な筋を取り除きながら水に浸けていきます。

20042604.jpg

三女もコツを掴んで楽しそう。

家内に自慢げに剥き方を説明していましたが、私の受け売りなので国東弁…(笑)



実家では、蕗の皮を剥くのは子供の仕事でした。

昔は生のまま剥いていたので、蕗の灰汁で指先が焦げ茶に染まったものでした。

小学校の爪の検査で、「ちゃんと家の手伝いをしよるんやな」と褒められた事を思い出します。



以下は我が家の蕗の定番料理。


イリコを使ったきんぴら

20042605.jpg

※油でイリコを炒め、香りが出たら蕗を投入。砂糖・醤油で味を付け、最後に七味と胡麻をお好みで。

姉によると、母も山菜にはイリコと言っていたそうです。


蕗と厚揚げの煮つけ

20042606.jpg

※イリコで出汁を取り、砂糖・薄口醤油で味を付け、煮立ったら厚揚げと蕗を投入して約10分。冷える時に味が浸みるので常温まで冷ましてから食べます。


蕗ご飯

20042607.jpg

※1㎝弱に刻んだ蕗を豆ごはんの要領で炊きます。出汁なんか入れなくても、酒と塩とほんのちょっとの薄口醤油で十分美味いです。


どれも簡単ですが素朴で懐かしい味がします。

旬の物を旬のうちに食べるのが一番美味しいですね。


さて、翌日、テルさんから荷物が届きました。

コロナの影響で春の収穫祭ができなかったので、わざわざ筍を茹でて送ってくれたのです。

テルさん、本当にありがとうございます…m(_ _)m

実は先日、どうしても筍を食べたくなって、近くのスーパーの産直で買った水煮を料理してみたのですが、エグ味が強くて食べきれませんでした。

やっぱり収穫したてを薪で炊いたものには遠く及びませんね…。

で、こちらも早速料理。

左から、ガーリックソテー、筍とかしわの油炒め、筍と生ハムのイタリアンサラダ

20042608.jpg

真ん中が我が家の定番です。

醤油ベースの昔ながらの味付けだと娘達があまり食べないので、洋風メニューは家内が作りました。

年寄りのいる田舎で育った私からすると、油炒めのイリコがかしわに替わっただけでも洋風テイストなのですが…(笑)

で、何といっても木の芽和え。

20042609.jpg

※鰹出汁に酒、薄口醤油でさっと煮て下味をつけ、山椒を摺り込んだ木の芽味噌で和えます。

酢味噌も実家と同様にすり鉢で調合。

山椒の葉を摺れば、たちまち台所に初夏の香りが広がり、たまらなく日本酒が飲みたくなります。

子供の頃は、家の手伝いも苦味のある蕗や筍も嫌いでしたが、今では春の楽しみの一つ。

田舎暮らしの原体験が、日常の楽しみの中にも生きています。

田舎で受取った大事なバトン、娘達にはうまく渡せるでしょうか…。

豊かな春の食卓を囲んで、そんな事を思った休日でした。
スポンサーサイト



コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム