FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2020 ≫ 岩魚釣り再び

岩魚釣り再び

梅雨入りが遅れていてなかなか雨が降りません。

今回は鮎に行こうかと思っていましたが、仲間の情報では渇水でどこも厳しいようです。

それでは、ともう一度岩魚釣りに行くことにしました。

今日は終日曇りの予報。渓流釣りにはおあつらえ向きの天気です。

未明に家を出発し、未舗装林道に入ったのが6時頃。

いつもより早い現地入りでしたが、水溜りが濁っているのでどうやら先行者がいるようです。

はたして、入ろうと思っていた入渓点には車が…。

普通車、しかも外車です!

これにはびっくりしました。一つ間違うと路床の流出溝に嵌って亀になりそうな悪路。

私だったら途中で断念ですが、よっぽど釣りたかったんでしょうね…。

まあ、仕方ないので別の沢に向かいます。

しかし、その先の広場には、まったりとモーニングコーヒーを飲んでいるキャンパーが…。

テント脇にはしっかりウェーダーが干されています。

ここにいるということは、昨日この先の沢は確実にやられていますね…。

まあ、来てしまったものはしょうがありません。

とりあえず先に進んで入渓点へ。

幸い車は停まっていません。

多分上は抜かれているでしょうから、少しでもサラ場を釣るために下流に回ってみますが、ちょっと下っただけで険しい渓相になり、なかなか厳しそう。

しょうがないので適当なところから降りて釣り上がっていきますが、新しい足跡もあり魚もなかなか出ません。

出ても鼻先で突っついたり、直前でUターンしたり、明らかに釣り人の影響があります。

あらら、今日は厳しいかも…。

と思いましたが、キャンパーはエサ釣りっぽかったので、距離をとって脈釣りでは厳しいところを重点的に叩いていくと、ポツポツですが出るようになりました。

20060601.jpg

途中、これぞマダラ!という感じの良型が出ます。

20060602.jpg

腹の裏まで黒点がびっしりですね。

20060603.jpg

こういう個体は岩魚っぽいポイントに入ることが多く、この魚も見落としがちなちょっとした瀬脇のポイントにいました。

また丁寧に叩いていくと、チャラ瀬の続く少し開けたポイントに出ました。

岩魚釣りではこういったところも見逃せません。

水深が浅く、脈釣りに難しいポイントは毛鉤の独壇場。

くるぶしくらいの水深の流れを丁寧に流したら、横からひったくるように咥え込みました。

おお~。良い型!

先週も型が揃ったし、毛鉤もいつもより大きいので、ティペットはヘラ用の06にしてあります。

結構引きましたが下流に回り込んでザバッ!

20060605.jpg

31cm。今日も尺岩魚です。

その先もごく浅い流れが続きます。

さすがにこんなところにはいないだろうと、ペースを上げながら適当に流していきます。

下流に流れた毛鉤をピックアップしようと竿を振ったら、ゴンッ!

あら、ひっかかったかな?

と思って見てみると、フライラインが走っています。

嘘やろ…。

上がってきたのはこれまた色の良い泣き尺岩魚。

20060606.jpg

こんな事もあるものですね…(笑)

さて、しばらく釣って脱渓点が見えてきました。

その前に、流れ出しに倒木のかかる、釣りにくいけど怪しい淵があります。

皆やらないだろうから、こんなところに一発で入れられたらドカンと良型が出たりするんだよな~。

なんて思いながら、しゃがんで枝の下を通したら、ヘッド&テイルでゴポッと出ました。

ヤバい、こりゃデカイ!

急いで走り寄りますが、フライを咥えた魚は張り出した倒木の下を通って下流へ。

つまり、ラインが倒木に巻いた状態。

そこで、倒木の上流側に立って魚を引っ張り出そうとしますが水中の障害物にでも引っかかっているのか全然魚が動きません。

私の毛鉤はバーブレスなので、テンションをかけ続けないとすぐに外れてしまいます。

淵に飛び込んで障害物から糸を外そうと試みていると、ゴツッという手ごたえがありました。

ああっ、切れたか…。

と思ったのが間違い、ラインを回収しようと思ったらアメマスみたいにデカイ魚が私の横をすり抜けて上流へ。

なんと、まだついています!さっきのは、魚が動いて根掛かりが外れた時の手応えでした。

慌ててテンションをかけ直しますが、今度は竿がのされて制御不能。

結局ティペットを切られて取り逃がしてしまいました…(泣)

ああっ…。

しばし呆然。ちょっと諦め難いくらいの岩魚でした。

それでもポイントはもう少し残っています。

脱渓点の最後の落ち込み。膝丈くらいしか水深がなく、いつも小型しか出ないのですが、今日はなんだか気になります。

最後にもう一発でないかなと、白泡の上から流していると、泡の下で魚が反転したような気がしました。

んっ?

普通なら、そのあと2回くらい流して出なければ諦めるのですが、ちょっと粘ってみることにしました。

7~8回も流したでしょうか。白泡の切れ目あたりでフライが消えました。

コンッ…。

掛かった手応えで良型なのがわかります。

魚は底を這いずり回り、竿は満月になってなかなか水面を割りません。

慎重にやり取りしてザバッ。

20060607.jpgこりゃデカイ。

さっきの尺岩魚とは比べ物にならないくらいの太さがあります。

計測してみると34cm。本尺岩魚ゲットです!

20060608.jpg

顔もいかついですね~。

いやはや。良型はバラしたけれど、これが釣れれば良しとしましょう。

帰りの山道歩きも軽快に、また途中で湯を沸かしてコーヒーブレイク。

良い気分で帰ってきました。

さてさて、今日は良い釣りできました。

これで今年の渓流釣りの良い区切りになりました。

次は気持ちよく鮎掛けに向かいましょう!
スポンサーサイト



コメント

 
マダラ
編集
マダラというのは初めて聞いたので調べました。
すごい模様ですね!!
「野生」という感じです。

これは私の釣ったことのあるアマゴとは別物ですね(^^)d
2020年06月16日(Tue) 20:00
 
Re:マダラ
編集
生息環境による後天的な模様の変化は否めませんが、密放流のイワナはさておき、漁協が放流するには手がかかりすぎる沢なので、かなり原種に近いのではないかと思っています。
若い頃、熊本、宮崎の源流を釣り歩きましたが、びっくりするくらい朱かったり、背中の黒点がほとんどなかったり、パーマークが滲んだように不鮮明だったり、脊稜の沢には一般的なヤマメ、アマゴとは明らかに様相の違う渓魚がいて興味深いです。
2020年06月16日(Tue) 20:54
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム