水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2013 ≫ 梅雨明けの天ケ瀬

梅雨明けの天ケ瀬

追い山を待たずして昨日九州全域が梅雨明けしました。
今日の福岡は最高気温が34度の猛暑日になったようです。

私は今日も休日出勤の振替休暇。天気も水況も良さそうです。
内大臣や津江の鮎も気になりますが、今年はシーズン通して天ケ瀬で勉強することに
しているので迷わず寅屋に電話…(笑)

7時前に家を出て、少し遅めの9時釣り開始。

13070901.jpg

温泉街は人もまばらで水色も良く、今日は50匹いけるか?と思うほど。
ところがところが、全然追いません。

背針やヤナギなど無い引き出しを全部引っ張り出して頑張りましたが、寅爺様からの
午前中15匹のノルマも達成できず、結局4時過ぎまでで24匹。
しかもほとんどが解禁当初に戻ったような18cmサイズ。
ヘチの時合いを待って、粘って粘っての釣果でした。

どうも釣れなかったのは私だけではなかったようで、3時過ぎくらいでほとんどの方が川
から上がっていました。

なかなか一筋縄ではいきませんね。でも、これだから魚釣りは止められないんです…(笑)

13070902.jpg
本日のゲスト。婚姻色を纏い、口の周りに追星の出たオイカワ君。
バッチリ背掛かりでした。

私のウデも悪いのですが、今日はなぜか水温が低く低活性でした。
ヤナギも先針に掛かるし、釣れる鮎も白く、ほとんど黄色いのがいません。
夕方には流芯で釣れだしたようでしたが、ちょっとそこまでは気持ちが続きませんでした。

そのかわり、川から上がったらまた寅爺様にいろんな話をしてもらいました。
鮎掛けだけでなく、川の事や天ケ瀬の事が良くわかります。
この時間がとっても勉強になるんです。釣れない時の良いフォローアップの時間ですね!

寅爺様からは、塩焼きで美味いからとお土産に尺近いカマツカを頂きました。
以前から食べられると聞いてはいたものの実際に料理するのは今回が初めて。

鱗とワタを取って塩焼きにして食べてみましたが、これがなかなかの美味。
味は小鯛の塩焼きのような感じ。

入っていた真子もさっと茹でてポン酢で食べましたが鯛の真子と同じでした。

川魚の臭いが全くしないので、海の魚と言われてもわからないと思います。
たまに掛りますので、今度から引き舟に入れなければなりませんね…(爆)

唯一の難点は小骨でしょうか。魚を食べ慣れない人にはちょっと大変かもしれません。
でも、これでかまぼこなんか作ったらとっても美味しいと思います。

13070903.jpg
寅爺様に頂いたカマツカと今日の釣果の鮎。

鮎のほうは良型を一夜干しに、家族分を塩焼きして残りは甘露煮用に冷凍しました。
今日の釣りは厳しかったですが、その中でもいろいろ発見があり、なかなか楽しい釣行になりました。

さて、週末はまつお釣り具の釣り大会です。
大会なんて出るのは初めてです。

今からドキドキですが、親睦中心の大会のようなので楽しんできたいと思います。

ここを見られている方で参加される方もいらっしゃると思います。
私もどこかの瀬でオタオタしていると思いますので、もしニアミスした場合は
どうぞよろしくお願いたします…m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム