水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2014 ≫ 解禁やり直し?

解禁やり直し?

先日の解禁日は雨の影響で状況が悪く散々でした。

今日はサラリーマンらしく、休日釣行で解禁をやり直そうとホームグラウンドの
天ケ瀬温泉街に出かけました。

現地には7時着。

14052401.jpg

解禁直後の土曜日なのでさぞ混雑しているだろうと思っていましたが、いつもの
週末ぐらいの人出です。寅屋の掲示板で難しいと書かれていたので敬遠した人が
多かったのかもしれません。鮎はたくさんいますが濁りと低水温でとにかく追い
が悪いとの事。どうなることやら…。

寅爺様や聖ちゃん達にご挨拶し、囮とノルマ30匹を頂いて7時半釣り開始…(笑)
みんな下流に入っていきますが、私はセオリーどおりいつもの瀬からスタート。

やはり水が冷たく田植えの濁りもきつくて、寅爺様のお言葉どおりなかなか掛かり
ません。追いの悪さを象徴するように、掛かっても白い鮎…。

14052402.jpg

それでも、9時頃からポツポツ掛かりはじめ、10時過ぎには午前中の時合いが
あり、温泉街の昼の音楽が鳴る頃には囮缶に移すくらいは釣れていました。
型は15~18cm中心。最初の放流分であれば20cm近くになっているはず
ですが、そのサイズは2~3匹。最初の放流種苗はあまり良くなかったそうな
ので、歩留まりが悪いのでしょう。

昼を過ぎ、瀬での追いが悪くなったので少し流れの緩い下流部に移動。
ここでもポツポツ追加しますが、やはり流れの緩いところの鮎は一回り小さく、
15cm前後が中心です。

その後、ノルマ達成のため5時近くまで粘りましたが、どうにも釣れなくなった
ので氷を分けてもらって本日終了。
締めながらカウントすると、囮込みで31匹でした。

14052403.jpg

厳密に言うとノルマの30匹には届かなかったのですが、全体的に厳しい中、
そこそこ釣れたので良しとしましょう。三女へのお土産もできました。

さて、解禁と言えば炭焼きろばた…(笑)

鮎を立てて炭で焼くと、余分な灰汁や脂が落ちてガスレンジとは随分味が
違います。三女は3匹も食べました。

今日は綺麗に泳がせないとなかなか追ってくれませんでした。
そこで、水中糸などの仕掛けはそのままに、3本、4本イカリとチラシで号数や
針のタイプを変えながら囮の泳ぎの違いを実験してみました。

昨年から4本イカリを使う事が多かったのですが、重さなのか形状なのかは
わかりませんが、あらためてやってみると3本と4本ではオトリの動きが随分
違いますね。チラシなんかすごくスムーズに泳いでくれます。

結果、今日の鮎のサイズだと、4本は重くて底を掻き、泳ぎも悪いので、キツネ
タイプの3本イカリ7号が一番合うようでした。

さてさて、解禁のやり直しも終わりました。
一雨降って増水し、田植えが終わって濁りが取れれば天ケ瀬も例年どおり掛かり
出すでしょう。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
 ノルマ達成?おめでとうございます
土曜日は見学に行かなかった日です
お会いできなくて残念です。
 ぼちぼち、ストレスが溜まってきてます。

 味噌の天地反し忘れてました。
2014年05月26日(Mon) 22:07
 
ozekiさんへ
編集
私も成天閣前あたりにいるかと思って探したのですが、
おられなかったのでまだ静養中だろうと思っていました。

天ヶ瀬も今年はスロースタートのようです。
掛かり出したらまたご一緒しましょうね。

味噌はしっかり蓋をしてれば大丈夫だと思いますけど、
梅雨前までには一度様子を見たほうが良いですよ。
2014年05月27日(Tue) 12:37
 
No title
編集
これから秋口まで明太子さんは鮎のシーズンですね。
まあ、偶には藪とクモの巣の世界にも遊びに来てくださいね(笑)
2014年05月27日(Tue) 23:10
 
black arrowさんへ
編集
そうですね!

ただ、昨年は梅雨の合間にご一緒して良い釣り?できた記録が…
(笑)

今年の鮎はスロースタートのようです。
一雨降って水況が良くなれば、入れ掛りも期待できるかなと思っています。
2014年05月28日(Wed) 10:10
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム