水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2014 ≫ 天ケ瀬に入らば寅爺に従え!

天ケ瀬に入らば寅爺に従え!

晴天の五月末。今日も朝から天ケ瀬へ。

土曜日なので早いほうが良いだろうと7時に天ケ瀬入りしました。

いつもお会いする皆さんにご挨拶し、オトリ売り場に向かいますが、どこかの団体
の鮎釣り大会が開催されるようで、寅爺様は大忙し。
なぜか、オトリ番はいつも拝見している銀玉茶番劇のキラッチさんがされていました…(笑)

キラッチさん、今後ともよろしくお願いします!

キラッチさんと少し世間話をし、後から到着した聖ちゃんに囮を入れてもらって寅爺様に
状況を聞きますが、天ケ瀬橋近辺はスッポンの影響などで掛らない様子。

成天閣のつり橋から下が良いと言われましたが、人が多そうなのでとりあえずいつ
もの瀬からスタートしました。

14053101.jpg

しかし…。

渇水の真夏日に田植えの濁りとあって全然追いません。
昼までで僅かに2匹。囮もすっかり黄色くなってグロッキー。

昨日釣れていたらしいので、やっぱり今日は釣れない日?

帰ろうかどうしようか迷いましたが、下流のほうも見てみようと一旦下り、昼休憩で空
いた場所を釣ってみますが弱い囮では当然無反応。

そのうち疲れて帰ろうとしていると、成天閣付近で火事があったようで、消防車や
パトカー、やじ馬で吊り橋付近がごった返しています。

そうこうしていると、寅爺様が戻ってこられたので、囮もグロッキーなので帰ろうと
思うと伝えると、

「もう帰るんね?釣れるとは今からバイ。我慢するのも釣りのうち。ちょっと休んでから
その前の瀬をやってみなさい。」

と言われるので、ヘロヘロの囮に鉛を打って流芯に入れてみると、これがポツポツ
掛かります。

さすが寅爺様!

数匹追加してどうにかツ抜けしたかな?と思うところで時刻は16時。

暑さと追いの悪さで気持ちが切れかけてきたので、もう今度こそ上がろうと思い、
車に向かうと、寅爺様が軽トラに乗ってメールをしておられます…。

「そろそろ帰ろうかと…。」

と切り出すと、

「まだ4時バイ。こんなアチィ日は夕方5時か6時バイ。あんたの気持が切れてないな
ら今からこの軽トラで釣れるところに連れて行ってやるバイ。昨日も夕方からバンバン
跳ねよってよう釣れたバイ」

とのたまうので、朝から釣りっぱなしで気持ちが切れかけてはいましたが搬送をお願い
しました。

で、結局、そこから温泉街に「夕焼けこやけ」が響くまでの一時間で8匹を追加。
最終的には19匹になりました。

14053102.jpg

今日は寅爺様に2度も助けてもらいました。
やはり、「天ケ瀬に入らば寅爺様に従え」。

寅爺様々です。

今日も本当にありがとうございました…m(_ _)m

さて、今日は小型が多かったので、趣向を変えて二度素揚げした後、ポン酢に漬けて
南蛮漬風にしてみました。

14053103.jpg

またまたビールが進みます。

明日は九州各地の河川が解禁します。
前評判の高い一つ瀬や大野川はどうでしょうか?

私は娘の運動会。
ここを外してまで釣りに行くほどの勇気はありません…(笑)
釣行可能な皆さんは良い釣りを。

明日は釣れる日かな?
スポンサーサイト

コメント

 
編集
朝は失礼いたしましたm(__)m!!
お疲れ様でした!
わたくしも寅さんに助けられている一人であります(笑)!!
友釣りのことは池上彰バリのわかりやすい解説で、よく教えていただいております(笑)。
ちょこちょこ天瀬に出没しますので、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m。
2014年06月01日(Sun) 01:20
 
Re:キラッチ
編集
キラッチさん

早速のご訪問ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

さて、先日、「大鮎釣り場」の本購入しました。
今年は後半の大野川にも行ってみたいと思っています。
その際はどうぞよろしくお願いします。
2014年06月01日(Sun) 07:37
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム