水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2014 ≫ 渓流で鮎掛け

渓流で鮎掛け

このところ渇水続きで厳しい状況が続いていましたが、ようやく待望の雨が
降りました。

今日の夕方と明日一日は外せない用事があるので、今日はどうしようか
迷いましたが、すぐに帰れる近場なら良いだろうと思い、久しぶりに矢部川に入る
事にしました。

下道で八女に入り、8時半に立石釣具でオトリを購入。
状況を聞いてみますが、解禁以降あまり芳しくない様子で土曜日にも関わらず
お客さんが少ないとの事。

まあ、シーズン初期だし一つ二つは掛かるでしょう。
軽い気持ちで水害前に良く入っていた黒木町のポイントに入ってみますが、全く釣れ
ません。川相も変わってしまい、食み跡もほとんどなく、鮎の気配さえもありません。

先に入っていた上流の釣り人も早々に上がってしまいました。

時刻は10時半。昼過ぎには引き上げなければならないので、このままだと坊主
で帰らなくてはなりません。

どうしようか悩みましたが、思い切って解禁当初に良かったというダムの
インレットに向かうことにしました。

田舎道をひた走り、11時現地着。

14060701.jpg
橋の上から見ると何やら網から魚を外している2人組がいます。

解禁から網?ここが許可されている川なのかどうかは分かりませんが、
とりあえず鮎はいるようです。上流には鮎師も一人入っています。

ここは、エノハ釣り場の最下流部。当然水は綺麗です。
水深は浅く膝下程度。注意して釣らないと木の枝などに竿をぶつけたり、
仕掛けを取られたりしそうになります。

しばらく川を歩いてみて友釣りができそうなポイントを探して釣り開始。
黒っぽい石のある小淵に岸から泳がせて入れると一発で目印が飛びました。

14060702.jpg

あまり大きくはありませんが、肌艶の良い綺麗な鮎です。

全体的に、型は15~19cmですが、透明度が高いので鮎の掛かる姿が
見えるのが面白く、何より浸かっていて気持ちが良い!

途中、入れ掛りも交えて13時半までの2時間半で22匹。
朝から夕方までやれば結構な数になったと思いますが、今日は鮎掛けできただけで
もしめたもの。満足して帰路に着きました。

14060703.jpg

さて、一ツ瀬にしろ内大臣にしろ、水の綺麗なダム上の鮎は美味いと相場が決まっています。
こんな時は素焼きにして醤油を垂らして食べてみましょう。

14060704.jpg

今日も酒が進みます…(笑)

今日は短い時間でしたが、水の綺麗な渓流で鮎掛けをすることがき、随分リフ
レッシュできました。たまには別の川に立つのも良いものですね。

来週は仕事の関係で行けないかもしれませんが、そろそろ天ケ瀬の状況も良く
なってくるでしょう。行けるようであれば次は天ケ瀬に入ろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
今晩"^_^"
 渓流鮎大好きです
美味しいもんね。
昔は渓流相の場所しかほとんど
釣りに行かなかったんですよ。
 
2014年06月09日(Mon) 22:41
 
ozekiさんへ
編集
そうなんですよね。

津江、内大臣、一ツ瀬とか渓流相の鮎は美味しいんですよね。
何より気持ちがいい!これからの増水シーズンにももってこい
ですね。
2014年06月10日(Tue) 11:36
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム