水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2014 ≫ 父の日の釣り

父の日の釣り

今日は父の日。
ゆっくり自分の事が出来たらいいなと…(笑)

でも、そんなことには関係なく、スポ-ツ少年団の関係で、市の体育協会
行事に参加しなければなりません…(泣)

まあ、仕事と同じだと思って諦めて参加していたら、予定よりも早く終わり
ました。

時刻は11時。
梅雨の晴れ間で午後から晴天の予報となれば行くしかありません!

おっとり刀で道具を準備をし、一番早く行ける県内の渓に鮎掛けに行
きました。

オトリ2匹を購入して13時に現地着。

14061501.jpg

昨日の川同様に、川幅は狭いですが流れの芯はデッキブラシで磨いた
みたいに黒光りしています。

これは!

と期待しますが、釣り人がいないかわりに刺し網を持った一行が…。
どうも爺ちゃんが息子と孫に鮎の獲り方を教えている様子です。

まあ、次世代に川遊びの楽しさを教えるなら良いかな…?

とは思いますが、近寄って話しかけてみると毎日入っているとの事。

う~ん。こりゃあすぐいなくなるな。
できれば本流に行ってくれんかな…。

と思いましたが、遊漁規則の範囲内なので何も言えません。

しょうがないので網の入らないところを狙って泳がせていくとポツポツ
掛かります。でも、流石に日曜の午後なので追いは良くありません。

顔掛りが頻発し、イカリが底を掻くので今日もフロロにチラシの仕掛けに
変えて数を伸ばしていきました。

14061502.jpg

途中、活性が上がり、追い星三つのベッピンさんも掛かります。

(※スマホで撮った写真はブログのほうで縦横を勝手に判断してしまう
 ようでお見苦しくてすみません。)

さて、今日の発見は群れ鮎崩し。

集団で右往左往する群れの中にチラシを長めに出して入れ、チョコチョコ
鼻を引いて反転させるとブルブルブルッ!

水が澄んだ渓流なので、追うのも掛かるのも一目瞭然です。
しかも、目印の動きとオトリの泳ぎの関係が良くわかり、とても勉強になった
半日でした。

しばらく釣って、曳船が一杯になり、また別の地元の方が網を打ち始めた
ので16時半終了。

今日はオトリ抜きで19匹だったそうです…(笑)
半日の釣果としては上々でしょう。20cmの良型も混じっていました。

小型の鮎の鰭と鱗を落とし、中骨を付けたまま薄切りにし、氷水で洗って
セゴシにしにしてみました。

14061504.jpg

当然、絶品です。

三女は塩焼きを三匹食べ、家内の分まで手をだそうとしていました。
まだ二歳なのに味がわかるんですね。

食後、長女と次女が父の日のプレゼントといってハンカチをくれました。
小遣いから出したのでしょう。泣かせますね。
良い父の日になりました。

さて、この網の入り方だともうすぐこの渓も掛からなくなるでしょう。
次は一ツ瀬か内大臣でも行きましょうか…。

その前に適度な雨が欲しいですね。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム