水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2014 ≫ 山国川

山国川

また雨が降りました。

増水が引ききっていないので釣りはお休みしようかと思っていましたが、
寅爺様に電話してみると、山国川ならできるのではとの事。

山国川はかなり前にエノハ釣りに行ったことがあるものの、鮎で入るの
は初めてです。

さっそく寅爺様がオトリ屋さんに連絡をとって紹介してくれました。

松田おとり店(080-5262-2062)

※耶馬溪高校下の橋を渡ってすぐに右折し、100m程先。
 のぼり旗が立っているのですぐにわかります。

福岡を9時に出発し、10時半オトリ屋着。

14070501.jpg
松田オトリ店対岸の耶馬溪高校。

山国川は日田からだと案外近いんですね。
杖立温泉に行くくらいの感覚でしょうか?

さて、川は水の引きはじめ。まだ20~30cm増水していますが濁りはありません。

ただ、見るからに白川状態。
水温も、適水温が20℃のところまだ17℃しかないとの事。
今日も厳しい釣りが予想されます。

まあ、今日は山国川の川見のつもり。釣果は2の次。水温が上がる昼からに
期待しましょう。

松田さんとひとしきりお話をして、私がポイントがわからないと伝えると
車で先導して案内してくれました。

どうもありがとうございました…m(_ _)m

今回入ったのは、昨年まで釣り大会が行われていた橋の下のエリア。

14070502.jpg

北九州の釣り人が入っていましたがまったく掛からない様子で、しばら
く話をして上がっていきました。

水あわせをしながらゆっくり着替えていると上流から2人組がやって
きました。

上流で掛からなかったので転戦してきたとの事ですが、「昼飯を食う間
あんたの釣りを見させてもらう」との事。
別にかまいませんが、あまり感じが良くない方たちでした。

さて、川も白川状態なので、今日は残り垢狙いでしょう。
土手から見て黒い沈み石がいくつか見えたポイントに入りました。

増水しているので背針を打ち、太軸の7.5号3本イカリで、オトリが
流されるかどうかぐらいのポイントを引いてみるといきなりガツン。

18cm位ですが、背鰭の長い綺麗な鮎でした。顎の下の穴も綺麗に並んで
います。
ここは天然も上るし、宮崎県産の海産も入れているらしいので、その
どちらかなのでしょう。
ただ、垢を食めていないのでほっそりして色白です。

そのあとも同じようなポイントで2連続。
見ていた2人組は早速私の上下に入ってきました…(笑)

しかし、そこから小雨が降り出し、水温も上がらず、追いが悪くなりました。
上下の2人組も30分ぐらいで諦めて上がっていきました。

私も5匹掛けるまで頑張りましたが、寒くなってきたので上がり、
そこからは漁協の作成した地図とにらめっこしながらポイントを見て回り
ました。

今日はあまり状況が良くありませんでしたが、水も鮎も綺麗な川なので
良いときに来れば気持ちよく釣れると思います。

年券も購入したので、また来たいと思いますが、大水が出ると一気に終
わってしまうこともあるらしいので、今度の台風が大事に至らない事を
祈っています。

さてさて、今年はどこに行ってもタイミングが合いませんね。
そろそろ気持ち良く釣りをしたいものです。

早く梅雨が明けないかな~。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
  ストレス溜まってませんか"^_^"
先日の釣行では、友人達が鮎つりでヤマメを何人か掛けてましたよ
おいらの鮎にはアタックしてきたのが見えたけど、掛かりませんでした。
2014年07月14日(Mon) 22:15
 
ozekiさんへ
編集
お察しのとおり、ストレス溜まりまくりです…(笑)

友釣りで大エノハの話はよく聞きますが、私は小さいのしか掛けたことが
ありません。

なかなか川にも入れず掛け針だけが増えていきます。
エノハでもなんでも良いから掛かってほしいものです。

後半に爆発することを期待していますが、はたしてどうなることやら…。
2014年07月15日(Tue) 10:13
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム