水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2014 ≫ 渓流釣り2014年・番外編

渓流釣り2014年・番外編

今年の川釣りは終了したはずでしたが、日田漁協が9月21日(日)の釣り大会に
合わせて大量に追加放流したとの情報を得て、ちょっと竿出しに行ってきました。

本当は次女に釣らせてやりたかったのですが、このごろは部活の練習試合で休
みがないので、結局一人で行くことにしました。

今回の情報源は寅屋の掲示板。
今日も寅爺様にポイントを教えてもらいました。

温泉街で待ち合わせ。8時半着。

14092301.jpg

今年はもう鮎客はいませんが、大きいのがまだ少し残っているそうです。
水色もいいし、鮎の道具も持ってくれば良かったかもしれません。
先によく話を聞いてから行けば良かったですね。

さて、聖ちゃんの運転する軽トラの後をついてしばらく走り、はじめて入る川
に連れて行ってもらいました。長いこと日田漁協管内に釣りに行っていますが、
こんな支流があるとは知りませんでした。

着いてみると、狭いポイントに沢山のエノハが泳いでいます。
しかも時折、ミッジにライズしています。

早速着替えて釣り開始。川が狭くて被っているので、今日も6フィート11インチ
のショートロッドです。

寅爺様と聖ちゃんの見守る中、早速小さめの#18の毛鉤を投入。
幸先良くすぐに掛かりましたが、あえなくアワセ切れ…(泣)

二人が帰った後、良さそうなポイントを叩いていきますが、結構いじめられて
いるのかなかなか食いません。まあ、道の横ですからしょうがないですね。
それでは、と沈めてみますが、フライが合わないのかこちらも全く食いません。

そこで、仕切りなおしにいったん川から上がり、エノハの動きを観察していると、
結構頻繁にライズしています。う~ん。なかなか手ごわい…。

これはドラッグかティペットの影響だろうと思い、#20のミッジに変えて土手
の上から下流に向けて流し込んだらようやく釣れはじめました。

でも、掛かったらゴボウ抜きに抜き上げなければなりません。
0.2号の細いティペットに#20のフライでは当然バラシの連続。
それでも、昼頃までにはなんとかツ抜け出来ました。

14092302.jpg

ここはもともとエノハがいる沢らしく、天然も混じりました。
また、成魚放流とはいえ、養魚場の管理が良いのか鰭の欠けも少なく、中には
天然?と思えるくらい綺麗なのもいました。サイズは20cm~27cmです。

日が昇ると釣れなくなったので、昼休憩を挟んで他のポイントも見て回ると
下流側にいくつか釣れそうなポイントがあったので、早速入渓。

枝が被った浅いポイントですが、昔はよく藪沢に通っていたので狭いところは
苦になりません…(笑)

それらしい流れを叩いていくと、上流のポイントでの苦戦がウソのように#14
のカディスにポンポン出てきます。おそらくフライで入ったのは私だけだった
のでしょう。ここでも相当バラシましたが短い区間で2桁は釣れました。

14時頃になり、まだまだ釣れそうでしたがクリールも重くなったのでここで
終了。24匹でした。

14092303.jpg

塩焼きはあまり芸がないので、今日は大型を家内の好きなホイル焼き、小型を
ポン酢バージョンの南蛮漬けにしました。

14092304.jpg

二度揚げしたエノハを、ネギ、玉ねぎ、柚子胡椒、味醂を入れたポン酢にジュッ
と漬けます。簡単ですがシンプルで美味い!最近のお気に入りです。

さて、今日は思わぬ好釣果。
鮎では振るいませんでしたが、日田の年券も随分元が取れました。
寅爺様、聖ちゃん今日もありがとうございました。

たまにはこんな釣りもアリですね。

さてさて、次回こそ海に行きますよ…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
 行かれたんですね、水温・水位と安定している川なので、
残れば来年大きく育つと思いますよ。
 今回は小ぶりを油を使わず、焼いてから 酢漬け(南蛮酢)
にしました、釣りも元気あってのもの!
食事も管理と思うのですが、無理のようです(笑い
 明日、球磨川日帰りで納竿しようと思います!
2014年09月25日(Thu) 20:41
 
Re:ozekiさん
編集
今頃は球磨川でしょうか?

今回は禁漁前に思いがけず良い釣り出来ました。

筑後川流域には長いこと通っていますが、まだまだ知らない沢が
沢山あるんでしょうね。魚も来春まで残ってくれればと思います。

焼いてからの南蛮漬けも美味しそうですね。
今度試してみます。

球磨川気をつけて行って来てください。
好釣果を期待しています。
2014年09月26日(Fri) 10:01
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム