水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2015 ≫ 渓にも春の訪れ

渓にも春の訪れ

今日は休日出勤の振替休み

天気予報では、晴れて気温が上がるとの事ですが、ピーカンになりそうだし、
ホームグラウンドの玖珠郡漁協管内はいま一つパッとしないので、少し早い
とは思いましたが山岳渓流に向かいました。

この渓は、フライを始めた当初から良く通い、いろんな思い出がある渓なの
ですが、ブログを開設する前年に豪雨災害があってからはしばらく足が遠の
いていました。

今日はその復旧具合を確認がてらの釣行です。

15032601.jpg

青空に映える梅の花。渓沿いの民家の庭先にて。

渓は放射冷却の影響で冷え込み、10時ごろまでは指先が痛くなるほどの寒さ。
日陰の水溜りには薄氷まで…。
しかも、渓相は大きく変化し、底石も依然浮いたままです。
やっぱりダメ?とは思いましたが、とりあえず毛鉤を結んで釣りあがります。

水温も低く虫も飛んでいなかったので、毛鉤を沈める釣りを中心に展開しま
した。

しばらくやっていると、そこそこのエノハ。

15032602.jpg

水が冷たいので、まだ痩せているだろうと思っていたのですが、色艶も良く
体高があって良く引きます。しっかり餌は摂れているようです。

昼までやってあまり良くなかったので山を越えて別の支流に。

こちらは義父の手ほどきで、初めてフライでアマゴを釣った渓ですが、以前
グラウンドの端を借りた小学校はいつの間にか閉校になっていました。
記念碑を見ると、私の小学校が閉校になったのと同じ年。
悲しい時代の流れですね…。

下流まで見て回りましたが、渓も荒れ放題。
やる気がなくなって、またもとの渓に戻ってきました。

時刻は13時半。
どうしようか迷いましたが、思い当たる場所があったので行ってみることに。

ここは、初夏から釣れ出す私の秘密のポイント。

15032603.jpg

でも、キラッチさん流に言えば、

「誰もが知ってる可能性が高いポイントなのであります」

現に準備をしていると、上流からルアーマンが…。

「はい、秘密でもなんでもないメジャーポイントですね。」…(笑)

さて、ピーカンですが結構虫が飛んでいます。

最初はユスリカ、続いて#16サイズのカゲロウにカディス。
#16くらいのストーンフライ…。

という事は、#16前後のダークトーンのフライをきちんと流せば出るはず?

流れを観察していると、流れ込みでライズしたような気がしたので、#16の
カディスパターンを流し込んだら3投目でパクリ。

15032604.jpg

コンディションの良い綺麗なエノハです。

その上の長トロではイルカライズを発見。
ライズの上流1mから慎重に流し込むと、一投で出ました!

15032605.jpg

この渓らしい色をした幅広の良型エノハ。
尺には少し足りませんでしたが、良く引いて楽しませてくれました。

途中にはこんなゴルジュも。

15032608.jpg

久しぶりに高巻きして膝がガクガクになりました。

15時半脱渓。イブニングも充分やれる時間でしたが、お土産が揃ったので、
今日は引き上げました。

今日は三女も笑顔です。

さて、これは私の愛用のクリール(西洋魚籠)。

15032607.jpg


目の粗い麻布でできており、濡らしておくと気加熱である程度の保冷ができる
という優れ物。保冷を考えたら最新式の氷が入れられる物のほうが良いので
すが、デザインが気に入ってずっと使っています。

私がフライを始めたのは20年近く前。

当時、釣果を聞かれて「釣ったエノハは写真を撮ってリリースするのですよ」
と言うと、「もったいない。あんた変わった人やな。」と変人扱いされたも
のですが、今ではフライで釣ったエノハを持ち帰る私を見て「フライの人も
魚持って帰るんやな」と…(笑)

私はどっちも経験しているので、どっちがどうとも言いません。

ただ、乱獲をせず、人に迷惑をかけず、各釣り場のルールに従って家族分だ
け頂いて楽しめればいい。そう思っています。
どちらも釣り人に変わりないのですからね。

さてさて、虫が飛びだして、毛鉤釣りの楽しいシーズンになりました。
桜が咲き出すと山岳渓流もハイシーズンに入ります。

次はどこの渓に行きましょうか…。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
やはり知られていましたか(笑)。
そういう場合には、そのルアーマンに声をかけまして、
「いや~、初めて来ましたが、ここにはアブラメさえいませんね~(汗)。」と、目を泳がせて言うのが一番効果的であります(笑)。
2015年03月28日(Sat) 13:19
 
キラッチさんへ
編集
なるほど!

その手がありましたか。今度やってみます…(笑)

そういえば、アブラメは口が小さくてどんくさいのでドライフライでは
なかなか釣れませんけど、沈めると餌並みに釣れるんですよ!

今度専門にやってみようかな…(笑)
2015年03月28日(Sat) 19:18
 
No title
編集
綺麗なヤマメ釣れてますね、羨ましい
昨年同様に釣れてますが、完全な成魚放流の魚ばかり
ぼとぼち稚鮎を放流するポイントですが、
鵜がどっさり来てます、雑魚が全然釣れないのも
ちょっと心配です。
2015年03月29日(Sun) 10:49
 
Ozekiさんへ
編集
鵜ですか?

天ケ瀬は寅爺様達が追っ払ってくれてますが、ずっと川を見て
いるわけにもいかないから厄介ですね…。

そういえば、良い水温になってきたのに、フライにハエの類が
かかりません。これも鵜の影響でしょうか?

2015年03月29日(Sun) 15:30
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム