水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2015 ≫ 久しぶりの渓へ

久しぶりの渓へ

4月に入ってぐずついた天気が続いています。

今日は、半蔵君と熊本の山岳渓流まで足を伸ばしました。

この水系は昔、ShallowRiverさん達とよくイワナを釣りに来て
いたエリアです。

本当は昨日行こうと思っていたのですが、金曜日にまとまった量の
降雨があったため、水が引くのを待って今日にしました。

超人気河川の日曜日釣行。

場所確保のため福岡を出たのは午前4時。高速を走り、長い峠
をクリアして6時半に最初の渓の入口に着きました。

はたして、朝食の握り飯を頬張りながら準備をしていると、釣り人
と思しき車が数台通過。

あと10分遅かったら入れなかったかもしれません…。

さて、天気は薄曇。

標高が高い渓なのでようやく山桜が散りはじめたくらい。
少し肌寒いですが、日中は気温が上がる予想なのでこの天気なら
大丈夫でしょう。心配していた増水も+10cm程度で、濁りもあり
ません。

15041202.jpg

取水堰堤のゲートをクリアして7時釣り開始。

朝早いうちはドライフライへの反応が悪いので、取水ダムの流れ
込みで2人でウェットフライを流しながら活性が上がるのを待ちました。

水温は低いですが、ウェットフライには反応が良く、小型のエノハ
がポンポン飛び出します。

15041203.jpg

しばらく遊んでいるとドライにも反応が出はじめたので釣り上がる
事にしました。

ユスリカ、ストーンフライ、小型のカディス、#16サイズのカゲロウ等
いろんな虫が出はじめ、ライズも始まりました。

15041204.jpg

熊本の山岳渓流らしい渓相。
木々が芽吹き、いよいよ山岳渓流もシーズンインです。

15041205.jpg

これはパーマークが円形に近いタイプのエノハ。

一昔前、仲間内ではここのエノハには3タイプがいるという話をよくしていました。

 1.腹まで黒点がびっしりあるマダラタイプ
 2.背に黒点がほとんどなく、パーマークも不鮮明なタイプ
 3.パーマークが円形のタイプ

そして、我々の中でこれらは原種に近いエノハと言っていました。

実際には過去に放流した種苗などの影響もあるのでしょうが、黒点が
多かったり、赤味が強かったり、沢によって随分姿が違っていたので、
この説にはなんとなく説得力がありました。

さて、釣りの方はそれらしい場所を流せば素直にエノハが反応する
ので、2人とも結構な数を釣りました。
しかし、放流サイズが多く、今一つサイズが伸びません。
また、密かに狙っていたイワナも反応が3回あったのみ。
1回は良型を掛けたものの掛かりが浅くてバラシ…(泣)

しばらく釣り上がって高巻きできないゴルジュに行き当たったので
引き返しました。

脱渓後は車で回り込み、更に上流部に入渓。
ここでもエノハは出ましたが、更に小型になったので、あきらめて
枝沢に移動しました。

枝沢の合流点ではライズが捕れましたが後が続かず…。

15041207.jpg

雲行きが怪しくなり、風が強くなって小雨が降りはじめたので諦め
て15時半終了。

帰りは、半蔵君の運転であっという間に峠を下り、選挙と夕飯に間に
合うように帰福できました。

今日は途中で腹出しして帰ったので、「お手伝いがない…」と三女
に怒られました…(笑)

15041209.jpg

やっぱり山岳渓流のエノハはクセがなく、旨味もあって良いですね!
連休を過ぎれば、脂も乗ってもっと美味しくなるでしょう。

さて、今日はサイズも伸びず、イワナも釣れませんでしたが、久し
ぶりにこのエリアにやってきて、いろいろ思い出しながら楽しく釣
る事が出来ました。

もともと、鮎シーズンくらいから良くなる渓なので、エノハもイワナ
もこれから虫を飽食して初夏~盛夏にかけてもっと大きくなるでしょう。
ねぼすけのイワナもその頃には淵に浮きはじめるはずです。

次は下界が汗ばむ陽気になった頃、鮎掛けの合間を見て訪れたいと
思います。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
お疲れ様でした。
山岳渓流はやっぱり景色がいいですね!
魚のサイズはイマイチでしたけど、かなり癒されました♪また行きましょうね‼
2015年04月14日(Tue) 22:23
 
半蔵君へ
編集
お疲れさまでした。
やっぱり二人で行くと疲れも半減して良いですね。

標高の高い渓なので、もう少し暖かくなったほうが良いのですが、
今回は今回で楽しかったです。

次は鮎かな?またよろしくお願いします。
2015年04月14日(Tue) 22:49
 
No title
編集
  色鮮やかなマダラが釣れてますね
エノハがあんなに色鮮やかなのか、忘れてしまいました(笑
 三女さんの楽しみ残しておきましょう。
2015年04月15日(Wed) 20:53
 
Re:ozekiさんへ
編集
やっぱり、源流域のエノハはパーマークや体色が個性的なのが
多いですね。

三女は先日のアブラメ釣りが相当楽しかったみたいで、また連れて
行けとせがんでいます。魚を触るのも大好きみたいですね。

大きくなっても一緒に遊んでもらえるように、今のうちからしっか
り仕込みたいと思います…(笑)
2015年04月16日(Thu) 18:12
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム