水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2015 ≫ 脊梁山地にイワナを求めて

脊梁山地にイワナを求めて

急に暖かくなりました。
今日は五月下旬並みの陽気。大宰府では29度の夏日になったようです。

土・日も天気に恵まれましたが、私は諸事に追われて釣行できませんで
した。

そこで、リフレッシュとGWの肴を確保するため、休みをとって渓に向
かいました。

当初は2週間前に行った渓でイワナを釣る予定でしたが、釣り仲間からの
情報によると、週末は相当混雑していた上にあまり芳しくなかったとの事。
そこで、予定を変更し、昨年9月にイワナを釣りに行った渓に向かうこと
にしました。

実はこの渓、林道工事のためしばらく通行止めになっていたのですが、
この日曜日に解除されるとの情報を得ていました。

そうであれば、昨日入っていても一人か二人。
翌日でも十分釣りになるでしょう。

ただし、人気の渓ですから、平日とはいえ場所取りが必要です。
前夜のうちにお茶や握り飯を準備し、5時前に福岡を出発しました。

高速を南下し、長い林道を走って渓の入口に着いたのが7時過ぎ。

前回の釣行記にも書いているとおり、ここは車停めから入渓ポイントまで
しばらく歩かなければなりません。

この渓は脊梁山系の山頂近く。
林道からは1000m近い山の頂きがすぐそこです。

1504270.jpg

30分程で渓の降り口に着きました。
前回は入渓点を間違えて釣行区間が短かったのですが、今回はなんとか
見つけることができました。

さて、降り口から渓までしばらく下りますが、今日は杣道に鹿の足跡しか
見当たりません。昨日から入渓できていたはずですが、手間のかかる渓な
ので、もしかしたら誰も入っていないのかもしれません。

そうであれば大チャンス。
逸る気持ちで渓に降り、早速準備をはじめますが、何か足りないなと思っ
たら偏光グラスがありません。どうも車に置き忘れてきたようです。
しかも、いつも使う0.4号のティペットも1m程しか残っていない…(泣)

かと言ってまた30分かけて車まで取りに帰るわけにもいかず、仕方なく
偏光グラスなし、ティペット太しの状況で釣り上がることにしました。

時刻は8時過ぎ、渓には木漏れ日が差し込み、虫も飛びだして良い感じ。
散発的なライズも見られます。

15042700.jpg

早速釣りを開始しますが、逆光でフライが見えづらく、太いティペットの
ためドラグもかかって、バラシの連続。

それでも、今日は活性が高く、めぼしいポイントからは素直に魚が出てきます。

15042701.jpg

しばらく遡行すると目の前に見上げる大滝が出現しました。

15042703.jpg

途中の大滝の滝壺からは良型のエノハ。

15042702.jpg

山岳渓流のエノハらしく、幅はあまりありませんがイワナのように胴の丸い
筋肉質なエノハです。

大滝は高巻いて越えましたが、クリアするのにかなりの労力を要しました。
ロッドをたたんでベストの後ろに差し、釣り人か沢登りかの先人の残したロー
プに命を委ねて崖を捩り上がります。

もともとこの渓の岩は滑りやすいのですが、滑ったら最後の場所なので平たい
ところに降り立った時の安堵感といったらありません。

前回釣行でシューズのフェルトが減っていて何度も滑ったので、今日に合わ
せてシューズを新調しておいて良かったです。

さて、この滝の前後からイワナが混じりだしました。

岩盤沿いのイワナらしいポイントからも出ますし、流れの巻きに浮いているのもいて、
本格的なイワナ釣りが楽しめました。

15042704.jpg

15042705.jpg

15042706.jpg

どれも7~9寸程の良型揃い。昨秋のちびイワナが人のいない間に大きく
なったのでしょう。腹の黄色いタイプやオレンジの斑点の強いものなど結構
個体差があります。

滝の上で腹出しをして休憩をとり、さらに釣り登っていきます。

15042710.jpg

しばらく釣って砂防堰堤が現れました。
堰堤は餌釣りで抜かれていることが多いのですが、しばらく人が入っていない
からか、今日は魚が開きに出ています。

丁寧に流していくと、良いエノハが掛りました。

15042707.jpg

体側のオレンジ色が鮮やかな、精悍な顔つきをした雄エノハです。

堰堤を越えてしばらく行くと、ようやく昨年入渓した地点に来ました。
やはり、前回は相当ロスしていたようです。

ここまで来ると渓の出口はもうすぐです。
最後のゴルジュを高巻きし、数匹追加して脱渓。

時刻は12時半。本当はもう一本入ろうと思っていたのですが、クリール
もかなり重くなっていたので今日も早上がり。

晴天の渓で偏向グラスをかけていなかったので、目の疲労が強く、ピントが合わ
なくなって限界でした。やっぱり最終確認をしっかりしないといけないですね。

少し休憩をとって山を下り、夕方までに帰着しました。

昼までの短い釣行でしたが、大小合わせてかなりの数が釣れました。

20cm以上の良型のみ、20匹ほどキープしましたが、アベレージサイズも大きく、
満足のいく釣果でした。

夜は時間があったので久しぶりに「炭焼きろばた」を出してきて焼きました。

三女も塩降りと串打ちの邪魔をしながら手伝ってくれました…(笑)

やっぱり炭焼きは良いですね。今日も酒が進みます。

今日はクリーム色と黒の2種類のストーンフライをよく見かけました。
フライはエルクヘアカディスとピーコックを使ったパラシュートパターン
への反応が良かったので、多分そんなのを食べていたんだと思います。

さて、GWは予定が詰まっているし、人も多いので渓には行けないと思い
ます。次は鮎の解禁でしょうか。

今年は良いとの前評判でしたが、冷水病の疑いが出ているとのことで少し
心配ですね。

ともあれ、今日は山岳渓流を満喫する良い休日になりました。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム