水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2015 ≫ 皐月の空にエノハが微笑む

皐月の空にエノハが微笑む

今日は暑くなりましたね。

ゴールデンウィークも終わり、渓沿いにはアザミが咲いて、すっかり初夏の様相です。

15051001.jpg

土曜日は、溜まった仕事のため自主?出勤しました。
日曜日の今日、予定していた行事が中止になったため、家内に許可をとって渓に向かう
ことにしました。

行く先は日田漁協管内の渓。

都市部からのアクセスが良い渓なので、連休中に相当人が入って厳しい事は予想して
いましたが、脊梁山地の渓は遠いし、交通費も馬鹿にならないので、気分転換のつもり
でゆっくり下道で出発しました。

最初の入渓点には8時着。
着替えを済ませていざ渓へと思ったら、下の道から車が上がってきました…(泣)

どうも、しばらく入っていなかった間に、消防道路の先に駐車スペースができていたよう
で、早朝から入っていた先行者に気がつかなかったみたいです。

移動しようかとも考えましたが、この時間に川を上がるなら餌釣りでしょうから、少し時間
をあければなんとかなるはず。

もともと浅瀬の多い場所なので、餌釣りでは攻めにくいポイントを叩いていくと、まずまず
のエノハが飛び出しました。

15051002.jpg

皐月晴れの青い空。
春先のライズの釣りなら厳しいですが、5月の渓なら晴天も大歓迎です。

15051003.jpg

今日はエノハの顔が拝めれば御の字くらいに思っていましたが、日が昇って
虫が出ると、エノハも毛鉤を追いはじめました。

盛期に入って良く肥えています。

15051004.jpg

暑くもなく、寒くもなく、風渡る5月の渓を歩くのは本当に気持ち良いですね。

15051005.jpg

放流の影響でしょうか、この水系では以前から3割程度アマゴが混じります。

今日は久しぶりに水中写真を撮ってみました。

15051006.jpg

しばらく釣って堰堤に当たりました。堰堤下の開きで良型をバラし、
下流から追いついてきたルアーの方と少しお話をして支流に移動しました。

田植えがはじまったこともあり、支流の水量は少なくなっていますが、少し水深
のあるポイントを叩いていくと、ピンシャンのベッピンさんが顔を出しました。

15051008.jpg

エノハが一年で一番艶やかになる時期ですね。

こんな溜まりについています。
かなり腹が減っていたのでしょう。喉まで毛鉤を吸い込んでいました。

15051007.jpg

10cmもないような新子もアタックしてきますが、良い流れからは7~8寸の良型が
飛び出してきます。

15051009.jpg

15051011.jpg

15051010.jpg

昼過ぎまで釣って満足したので今日も早上がり。

ゆっくり川沿いを下りながら鮎の生育状況を見て帰りました。

水の澄んだポイントでは20cm近い鮎が追いかけっこしているのが確認できます。
このまま順調にいってくれと祈るばかりです。

今日は、エノハの顔が見れればくらいの釣行でしたが、思いがけず良い釣りできました。

15051012.jpg

相変わらず人の多い渓で、ポイント毎に車が停まっていましたが、以前に比べてフライの
釣り人は減っているように感じます。アウトドアブランドのステッカーをベタベタ貼った四駆や、
専門誌からそのまま抜け出てきたようなおしゃれな若者達もあまり見けなくなりました。

近隣の釣具量販店でも極端に品ぞろえが悪くなっているので、随分減ってきているので
しょうね。

あんまり毛鉤を見ていないから、エノハ達も私の下手糞な毛鉤を追ってくれるのかもしれま
せん。そうであれば、嬉しいのですが、この釣り方自体にも楽しさがあるので、仲間が減る
のは寂しい気もしますね。何より、道具が手に入り辛くなるのが痛いです。

さて、来週末は出張なので、今度こそ前半の渓流釣りは終了です。

いよいよ次は鮎の解禁。

大型台風が発生しているので、その動向が心配ですが、寅爺様達の努力が実り、豊漁と
なることを期待しています。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
 玖珠川流域ですか!
昔通った川に行ってみたいな~ と思う事ありますよ
昔の流れや石が景色が、思い浮かばなくなってきたのが
寂しいです(笑
 海を片付け、鮎に道具へんこうします。

2015年05月13日(Wed) 08:18
 
ozekiさんへ
編集
日田漁協管内ですよ。

玖珠漁協管内はどこもパッとしないので、春先に行ってから通うのをやめています。

私も鮎モードに切り替えました。
今年はかなり期待しています。
寅爺様達の努力が報われると良いですね~。
2015年05月13日(Wed) 14:51
 
No title
編集
九州はアユの解禁が間近になったんですね。当地岐阜の馬瀬川下流は6月の初旬が解禁のようです。他の河川もだいたい同じ頃に解禁みたいで、渓流銀座の岐阜は地元民も遠征組も繰り出してお祭りの日々の始まりです。お待ちしております(笑)
2015年05月13日(Wed) 23:02
 
black arrow さんへ
編集
いつか覗いた馬瀬の清流が目に焼き付いています。

あの時、塩焼き、うるかともに試してみましたが、鮎の味(ワタ)も
九州とは違っていた印象があります。

行ってみたいのはやまやまですが、あとは休みと懐具合の問題ですね。

釣行する場合は、必ず連絡しますので、どうぞよろしくお願いします。
2015年05月14日(Thu) 14:53
 
編集
いつの間にか行ってたんですねー
また渓に行きましょう♪
2015年05月24日(Sun) 20:06
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム