水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 祝!解禁

祝!解禁

今日は5月20日。筑後川全域で鮎漁が解禁しました。

本当は翌日の21日(木)に休みを取って初日の状況を確認してから釣行
しようと思っていたのですが、職場の大先輩が21日から旅行に出るら
しいので、久しぶりに解禁日に休むことにしました。

日頃それなりに?仕事をしているので、親類・縁者を殺さずに普通の有給
です…(笑)

さて、肝心の川の状況ですが、一昨日の大雨の増水がまだ引ききっておらず、
釣りになるのは大山川筋と支流のみ。

寅屋も急遽、日田漁協前の沈下橋のところに臨時移転。

解禁日はポイントの奪い合いなので、夜中に福岡を出発しましたが、
5時過ぎに沈下橋に着く頃には、夜も明けて釣り人も川に立ちはじめて
いました。

寅爺様にご挨拶し、川に漬けてあった養殖囮を2匹分けてもらいます。
川はまだ20cm程増水しており、薄く濁りがある状況。
サンダルで川に入るとジンジンするほど水が冷たく、厳しい釣りが予想
されます。

本当は前日から宴会に入っていた知り合いの方々に挨拶に行こうと考え
ていたのですが、皆、我先にとポイントに走るので、ついつい私も…。

向かったのはエノハも釣れる渓流域。
以前から目を付けていた一番良いポイントには先行者あり。
残念…。

もう少し上流のポイントが空いていたのでとりあえず車を停め、囮缶を
漬けてしばし観察。

水は澄んでいますが15cm程の増水でかなり流れが速くなっています。

15052001.jpg

まあ、ポイントに入れればなんとかなるでしょう。
着替えを済ませて6時過ぎから竿を出しますが、水も冷たく流れもきつく
なかなか思うようにいきません。

それでもさすがに解禁日。日が差しはじめるとポツポツ掛りはじめました。

15052002.jpg

写真が良くありませんが、今年の鮎はなかなかの美形。
背びれが長く奇麗なのが多かったので、天降川産の海産鮎かもしれないで
すね。

しばらく釣って美味そうな鮎を5~6匹確保できました。
しかし、水温が冷たくすっかり体が冷えてしまったので移動。
初期にここを釣るなら、タイツではなくてウェーダーが良いと思います。

本流に下ると、どこも人がいっぱいなので、ずっと上流に上って大山のB&G
下流に一人入れそうだったので、先行者に許可を得て藪漕ぎして入川。

川はいつものように垢腐れ?

早々に一匹掛かりますが、なんと腰のタモがありません。
どうも先ほど藪漕ぎしたときに落としてしまったようです。

仕方ないので手掴みで対処。20cm近い良型です。

と、ここまでは良かったのですが、掛り鮎を送りだしたらすぐに次が
掛ったものの、これが尺イダ。

さんざん引っ張り回された揚句、付け糸から囮ごとさよなら。

黒い針がイダを呼ぶのを忘れていました…(泣)

気持ちが切れたので移動を決意。

タモは帰りの藪の中で見つかりました。
川の中で落としていなくて良かったです。

さて、どこに行こうか…。

国交省の「川の防災情報」ではホームグラウンドの温泉街の水は
引いているようです。せっかくなのでダメもとで行ってみることにしました。

温泉街には昼前に到着。

事前情報のためか人も少なく、いつもの発電所前も空いています。

が、後で聞いたのですが、放水口付近はほとんど掛らないので、私が入る
までに5人くらい入れ替わったそうです…(笑)

15052003.jpg

水位は10cm高くらいで問題ないのですが、とにかく濁りがきつい。
田植えの濁りは毎年のことですが、巡回していた監視員の方によると、
九重の飯田や十三曲りのあたりで大規模な河川工事があっており、
その濁りもあるとの事。

どおりで、水位の割に濁りがキツイわけです。
石も泥を被って、浅瀬の砂の上にも土が堆積しています。

飯田や十三曲りと言うと、エノハ釣りのポイントにも影響が出るところ。
春先からずっと濁りを出しているので、今年の玖珠川筋はエノハの解禁から
不漁状態です。

エノハや鮎の解禁は、地域の重要なイベントのはずなのに、このような時期に
かかるまでやるなんて…。
多分、他の地方だったら保障問題になるくらいのレベルの話だと思います。

ポテンシャルの高い川だけに残念でなりません。

さて、いくら言っても目の前の状況が好転するわけではないので、とりあえず
竿を出してみます。

いつもの強い渓風ときつい濁りに翻弄されながら粘っていると、そこは流石に
解禁日。ポツポツですが掛ります。

途中で先日聖ちゃんから教えてもらった秘密兵器をテスト。
二本同時に掛るので角度は合っているようですが、言われていたとおり傷
がひどい…(笑)

でもかなり使えることがわかりました。
聖ちゃんいつもありがとう!

3時を回ったあたりで追いが止まったので、養殖囮を放流し、鮎を焼くために早上がり。

夕飯前に帰宅して、待っていた三女と解禁を楽しみました。

15052005.jpg

15052006.jpg

解禁日にしてはさみしい釣果ですが、今日の状況ではこんなものかな?
お土産も確保できたし、少なくとも昨年よりはずっとましです。

さて、今日は、温泉街で二度も竿が折れるのを見ました。
一人は橋桁にぶつけ、一人は足を滑らせて石にぶつけたようです。
釣り人もまだ体が慣れきっていないのでしょうね。

夜中や早朝から活動しているので、気がゆるむと思わぬところで事故に
遭うかもしれません。気をつけないといけませんね。

今年も厳しい解禁でしたが、シーズンははじまったばかりです。
次の雨が心配ですが、掛った鮎を見る限り冷水病も出ていないようなので、
水況がよくなれば掛りだすでしょう。

次は入れ掛かりになることを期待しています。

とりあえず、「解禁おめでとうございます!」の報告でした。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
さすがにキチッとまとめられますネ! あの状況の天ヶ瀬で掛けられたなんて・・・
私も同じ頃に温泉街に移ったのですが、マイナス2匹でした・・・
ハイ、下手ッピーです。

しかし、寅屋出張所前で掛かった鮎は結構いい姿だったので、今年は楽しみですね。

今回はお目にかかれませんでしたが、またいつかお会いできる日を楽しみにしています。
2015年05月23日(Sat) 05:08
 
tsunosanへ
編集
本当は4時に寅屋に行って、皆さんに挨拶するつもりが、前夜に仕事の付き合いがあって起きれなかったんですよ…(>_<)
次はよろしくお願いします…m(_ _)m

温泉街におられたんですね!
どのあたりに入られてました?
顔がわからないもので、挨拶もせず大変失礼しました。

私は一番上の橋の下から赤岩川の合流までの左岸側を釣ってました。成天閣のあたりは人が多かったですが、その中におられたんでしょうか?
2015年05月23日(Sat) 11:12
 
編集
失礼だなんてとんでもない、お互い顔を知らないのですから。
これからは、川では明太子‼️とかノボリを立てていただいたら、きっとたくさんの人が挨拶に来ると思いますよ(笑)
先日は、以前にいい思いをした下の橋のすぐ下流に入ったのですが、見事に撃沈しました。石組みもわからないくらいの濁りが原因・・としときます。(汗💦)
2015年05月23日(Sat) 16:17
 
No title
編集
そうでしたか。
かなり濁ってましたから厳しかったですよね。
あの状況で鮎もよく追うなと思ってました。

のぼりですか?
さすがにそこまではできませんが、渓流だと魚篭提げた珍しいフライフライフィッシャーなので分かりやすいんですけどね…(笑)

次に来られる際はどうぞよろしくお願いします。
2015年05月23日(Sat) 19:31
 
編集
もう一つ、忘れてました。
天ヶ瀬の翌日に人吉経由で鹿児島に走り、球磨川と天降川を川見して先程帰宅したところです。
天降川は妙見温泉の橋の上下を見てきましたが、深くて流れも強く、ちょっと私には手に負えないかな? 鮎の姿を見つけられなかったのですが、いい色の石はありました。
球磨川は、水の色は良かったです。鮎は・・・
2015年05月23日(Sat) 20:14
 
編集
解禁おめでとうございます。

いやー数が凄いですね

海の魚と交換しましょう是非(笑)
2015年05月24日(Sun) 20:08
 
tsunosanへ
編集
球磨川、天降川まで行かれたんですか?
すごいですね。長旅ご苦労様でした。

昨年の釣行記にあるように、天降川支流の霧島川には
行ったことがあります。
妙見温泉のところは帰りに見ただけで竿は出していませんが
雰囲気は良いですよね!
天降川は確かに水量が多いですけど、霧島川は入りやすいし
深いところもそんなにないのでお勧めです。
ただし、網もコロガシも何でもありの川なので、場所取りが
厳しいところではあります。

球磨川は先日イワナ釣りに行く際に年券を購入しました。
私、実は九州にいながらなかなか機会に恵まれず、まだ球磨川
では渓流以外をやったことがないんですよ。
今年こそは行ってみようと思っています。

後半の川ですから、秋に予定が合ったらご一緒しましょうね。
2015年05月25日(Mon) 15:21
 
shallowriverさんへ
編集
いやいや、解禁の釣果としては恥ずかしいくらいの貧果です。

海の肴、いや魚と交換ですか?
良いですね!こちらこそ大歓迎です。
「一夜干し」や「うるか」と物々交換といきましょうか…(笑)

シーズンはじまったばかりなので、釣果が上がったらまた
ご連絡しますね。
2015年05月25日(Mon) 15:25
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム