水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 入れ掛りにはまだ早い?

入れ掛りにはまだ早い?

夕方から長女の誕生日会があったのですが、家内に許可を得て鮎掛けに
出かけました。

行く先はもちろん天ケ瀬温泉街。
5時過ぎに福岡を出発。

途中で寅爺様へ電話すると、開口一番「アマゾン河へようこそ」…(笑)

7時過ぎに天ケ瀬入りすると、寅屋の周りには鮎遊会のメンバーや常連客
が集まっています。大会下見のために三隈入りするキラッチさんともお話
することができました。

今日は某釣りクラブの大会も開催されており、温泉街は満員御礼。
釣りが終わった後、日田の川開き観光祭に行く方もおられたようです。

皆さんとしばし歓談し、囮を分けてもらって8時釣り開始。

15052401.jpg

解禁日よりは薄くなっていましたが、やっぱりきつい濁り。
天気は良いのですが、放水口からの水が入ってかなり冷たい…。

今日も厳しい釣りになりそうです。

最初は旧寅屋のあたりに入ってしばらく釣ってみますがなかなか追って
くれません。掛ってもバラシや顔掛かりで明らかに活性が低い状況…。

仕方ないのでチラシや背針を使い、少しずつ移動しながら拾い釣りして
いきました。

その後、寅屋の対岸に移動すると、すぐ上流でRyonさんが釣られています。

ここから、Ozekiさんや鮎遊会の方々に見守られながらの釣りになりました。

寅爺様からは監視員用のメガホンで激が飛びます。

15052402.jpg

「泳がせるスピードが速すぎるバイ。もっと留めておきなさい。」とか、

「ハエが掛ったら曳舟に入れるふりして後ろで放しなさい」とか…(笑)

天気は良いのですが水温が上がらず、11時過ぎからは全く追わなくなり
ました。

昼を過ぎて寒くなったので一旦昼休憩。

Ozekiさんや鮎遊会の方達としばし談笑。

凛ちゃんにもごあいさつ。

15052403.jpg

14時前から再開しますがやっぱり芳しくなく、2連続根掛かりでマイナス2匹…(泣)

もう少し粘れば時合いが来るような気配はありましたが、帰りの時間を
考えて14時半終了。

鮎はいるようですが、なかなか入れ掛かりにはなりません。
なんとかツ抜けはしましたが、きょうもパッとしない釣果でした。

15052404.jpg

ただ、上手な人は群れ鮎崩しで着実に釣果を伸ばしているので、濁りと
低水温と私の腕のせいと思います。

しかし、あの濁りは何とかならないですかね。
下流で頑張っている日田漁協の皆さんが可哀そうです…。

今は掛り鮎のほとんどが背鰭が長い海産なので、濁りが取れて群れ鮎
になっていると思われる人工産が掛りだしたら掛り始めるのではないで
しょうか。

次に行けるのは土曜日ですが、また雨が降りそうで、釣行できるか微妙です。

自然相手なので、なかなか思うようにいきませんが、次こそ、そこそこの
釣果に恵まれたらと思います。

早く目印をひったくっていくようなアタリがでないかな…。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
厳しいですね~(涙)。
わたくしは腕がないので、誰でも釣れるポイントを探しながら歩いたのですが、やはりそんなに甘くなかったです(笑)。
早く濁りがとれてバンバン掛かるように願ってます!!
大会が終って日にちがあえば、天瀬で一緒に竿出しましょう!!!!
2015年05月26日(Tue) 14:05
 
Re:キラッチさんへ
編集
そちらも厳しかったですか…。

釣る人は釣ってるみたいなので、スイッチが入れば掛らんことはないと
思いますがなかなか厳しいですね…(~~;

天ケ瀬もそうですが、大野川や球磨川、一ツ瀬など予定が合えばどこでも
良いです。どうぞよろしくお願いします!
2015年05月26日(Tue) 15:33
 
No title
編集
 当日はお疲れさんでした、一日見学も暑かったです。
喫茶店で冷たい物と思っても、おともの凛がいて行けませんでした(笑
でも11時過ぎから、上下見てる範囲で竿が立ちませんでしたね?
早く雨が降って川が回復して欲しいですね!

 凛のアップありがとうございます。


2015年05月27日(Wed) 07:24
 
Re:ozekiさんへ
編集
先日は暑い中お疲れ様でした。
今回もなかなか厳しい釣行でした。早くにごりが取れて釣れるように
なるといいのですが、しばらく晴れが続くようですね。

次に雨が降るのは週末。
勤め人にはなかなか厳しい条件です…(笑)

2015年05月27日(Wed) 10:27
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム