水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 二度あることは…。

二度あることは…。

日曜日は次女の運動会。今日は夕方から雨の予報。

あまり状況は良くないようですが、三度目の正直で天ケ瀬温泉街に
向かいました。

下道でゆっくり温泉街に向かっていると、寅爺様から電話が入りました。

「囮がなくなったので市内で調達してきて」との事。

そこで、一旦日田のまつお釣具に寄って囮と氷を調達して天ケ瀬入り
しました。

まつお釣具の話では、鮎がまだ散っていないので場所ムラはあるが、
鮎の溜まっているポイントに入った人は40匹超の釣果が上がっている
との事。まだ全体的に掛る状況ではないようです。

さて、温泉街には8時過着。相変わらずの濁り…。

15053000.jpg

釣り人はいますが、誰も竿が曲がらず芳しくない様子。

8時半過ぎから天ケ瀬橋の下流の瀬で竿を出しますが、やっぱり今日も…。

時折キラキラするし、たまに追われている雰囲気があるので鮎はいる
ようなのですが、掛るような追い方をしてくれません。

11時過ぎまで粘りましたが、18cmくらいの白い鮎と顎の切れた
奇形の鮎を一匹掛けたのみ。

気温・水温ともに低く、小雨が降り出して体が冷えてきたので、諦めて川を
上がりました。

みなさん釣れていないようで、続々と引き上げていきます。

このまま帰ろうかどうしようか迷いましたが、こんな悶々とした気分でツ抜けも
しない状態では帰れません。

そこで、人が多いとは思いましたが、このところ掛っているという支流に向かい
ました。ここは昨年聖ちゃんに教えてもらったごく浅いポイント。

到着してみると鮎遊会の北さんがおられました。
ご挨拶すると、下流の瀬をやっても良いと言われたのでお礼を言って昼過ぎ
から釣り開始。

膝下くらいの浅い流れですが鮎はいます。

重たいイカリでは根掛りが頻発するので、チラシに変えてここしかないという狭い
ポイントを丁寧に泳がせると目印がビューン。

掛れば20cmオーバーの黄色い鮎。

素直に朝から入ればよかったかな?

3時過まで粘りましたが、本降りの雨で濁りも出てきたのでここで終了。
15匹くらい?なんとかお土産は確保しました。

時期的にそろそろ海産も追い出すかなと思ったのですが、一度水が
出て照りこまないと状況は変わらないようです。

「三度目の正直」のはずが「二度あることは三度ある」の日。
釣れない上に雨に打たれてどっと疲れが出ました。

海産の稚魚はスロースターターなので、梅雨明けには爆釣間違いなし?

経験の浅い私には実のところよく分かりませんが、是非そうあってほしい
と思います。

釣りは釣れる日も釣れない日もあるから面白いのですが、鮎達もそろそろ
目を覚まして素直に掛り出してほしいですね…。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
釣りに行けず、モンモンと家ですごしております
今日休みのRyonの話では、花月川泥濁り
玖珠川は少しの濁りだったとか
 濁りが取れた玖珠川で早く釣りたいですね。
2015年06月05日(Fri) 16:19
 
ozekiさんへ
編集
今年は解禁後の大釣りがないまま梅雨に入ってしまいました。

梅雨の間、鮎が残ってくれて、梅雨明けに爆釣することを祈っています。
早く釣りに行きたいですね~。
2015年06月08日(Mon) 14:19
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム