FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 鮎2019
CATEGORY ≫ 鮎2019

小学2年・夏休みの思い出

今年の夏休み、2年生になった三女と鮎掛けに行く約束をしていました。

でも、今年は解禁からどこも芳しくありません。

どうせ行くなら掛からなければ面白くないだろうと思い、様子を見ているうちにとうとう盆休みになってしまいました。

実は、三女の鮎掛けデビューに合わせて、大阪のTsunosanから鮎竿をいただいていました。

元竿が折れたものを7mちょっとの短竿に仕立ててある逸品。子供でも持てる軽さです。

何とかこの竿で釣らせてやりたい。

もしかしたら、前回釣行した川なら一匹ぐらいは何とかなるかもしれない。そう思って川に向かいました。

5時半起床、6時に自宅を出発し、ゆっくり下道で日田へ。

いつものトライアルで飲み物や食料を調達。

まつお釣具の開店まで番犬と遊んだ後、私の分の日釣券(子供は無料)とオトリを購入。

この先、三女がどこまで覚えているかわかりませんが、今日は本格的にひととおりやってみせます。

水槽からオトリを掬い、バケツの淵を叩いてみて元気の良い黒っぽい鮎を選別。

気温が高いのでオトリ缶に氷を三粒入れ、ブクをセットして釣り場に向かいます。

そこから約30分、お気に入りのアニソンを歌いながら山道を走り、9時前に釣り場着。

現地には既に鮎遊会のAさん、Hさん達がいました。

挨拶をしてオトリ缶を浸け、早速着替え。

準備をしている間にもH先輩の竿が曲がっています。
水色も良いし、ハミ跡もあるし、今日は子どもでもなんとかなるかもしれません。

早速着替えて釣り開始。

19081301.jpg

ライトスタイル、なかなか決まっているでしょ?

最初に、H先輩が良い場所を譲ってくれました。
H先輩、ありがとうございます…m(_ _)m

オトリ缶から舟に移し、鼻カンを通して逆針を打ってと…。

ここも一とおり説明。

フロロ03の仕掛けに目印を水深の1.5倍にセットして、一番下の目印が水に入らないように、引っ張りすぎてオトリがイヤイヤしないように…。

と、教えて竿を持たせます。

19081302.jpg

これまでもエノハやニジマス、防波堤の浮子釣りなどをさせているので竿の操作は慣れたもの。

オトリは順調に泳ぎ出し、流心脇に入ったところですぐに目印が飛びました!

「おおっ、掛かった~!」

水中で鮎がキラキラ。20㎝くらいはありそうです。

三女は竿を立てて必死に引っ張っています。

こりゃいかん。

と思った瞬間、ブツッ…!

あぁぁ…。

これまでの釣りでは掛かったら抜き上げてきたので、竿をためるのがわからないのは当然。

三女は今にも泣きだしそう。

「だいじょうぶ。オトリはもう一匹あるからもう一回。今度掛かったら、父ちゃんのいうとおり、ゆっくり寄せるんで。」

と、仕掛けをもう一ランク太いフロロ04に張り替えて再チャレンジ。

オトリを引かずに鮎が泳いでいくほうにすこしずつ竿先を動かして…。

と、また同じところでコココッ!

今度は慎重に寄せさせてタモでザバッ。

おおっ~!パチパチパチ。

三女は満面の笑み(セキュリティのため顔出しできないのでゴメンナサイ)。

鮎の匂いを嗅いだり、オトリを引き船に入れたり、実に楽しそうです。
これまでの風呂場でのつかみ取り特訓の成果か、鮎の扱いも上手い…(笑)

そこから2人でタモ係と竿係を交代しながら、30mくらいの間を釣っていきました。

さて、Tsunosanに頂いたこの竿、もともと軽量で柔らかい上に短くなっているので軽くて操作性は抜群。
これは大人が使っても相当良い感じです。

三女も気に入ったようです。Tsunosanありがとうございました…m(_ _)m

さて、そうこうしていると昼になりました。

バラシも多かったですが、予想に反して午前中でツ抜けするほど順調な釣果。
三女はなかなか上がりたがらなかったのですが、体が冷えるので一旦上がって昼休憩。

19081303.jpg

助六食べながら川見をする三女。

よっぽど川の様子が気になるのでしょうね…(笑)

さて、車の周りは鮎遊会の仲間と地元の知り合いが集まり、ワイワイ、ガヤガヤのお祭り騒ぎ。

三女もみんなにちやほやされて楽しそう。

でも、相当川が気になるようで、早々にまた釣りたいと言い出しました…(笑)

そこからまた同じポイントを行ったり来たり。結局、15時半までやってオトリ込みの20匹!

浅い場所とはいえ、小学2年の娘一人では危ないので、ずっと横にはついていましたが、私が竿に手を添えずに掛けた鮎が7匹くらいはいました。

子供は邪念がないから掛かるのでしょうか?とうちゃん顔負けです…((+_+))

さて、川から上がって着替えを済ませたら、自宅まで2時間のロングドライブ。

三女は電池が切れたおもちゃのように助手席で爆睡。
まあ、一日冷たい川の中で遊んでますから当然ですね…(笑)

今日掛けた最大の鮎は26cmありました。

19081304.jpg

袈裟懸けの針傷がありますが、これは我々のものではありません。

うまく逃げ延びたところ、我々に捕まってしまったのですね。

渋滞にもはまらず夕食に間に合ったので、三女が家内のために選んだ鮎を焼きました。

19081305.jpg

当然味は文句なし!三女と家内は2匹ずつ食べました。

さてさて、三女にとっても私にとっても、今日は思い出に残る楽しい夏休みの一日になりました。

三女がこれから先も鮎掛けに興味を持ってくれるかどうかはわかりませんが、また様子を見て一緒に出かけようと思います。

でも、鮎道具を揃えてくれって言われたらちょっと困るかも…(笑)

お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。感謝!

令和元年鮎の旅

今年も35℃を超える酷暑日が続いています。

19081001.jpg

昨年末のanaさん達との忘年会で、今年の夏は鮎遠征する約束をしていました。

当初は大野川や一ツ瀬を考えていたのですが、どこも状況が良くないようです。
夏休みで混雑することも予想されたので、私の提案で天ヶ瀬旅館を拠点にして近場の川の中から当日状況の良さそうな場所に入ることにしました。

6時に自宅を出発し、大倉釣具でanaさん、ikeちゃんと合流。

日釣券と囮を購入し、私の先導で30分程山道を走って目的の川に到着。

結構メジャーな川ですが、今年は解禁から状況が良くなかったので全く釣り人がいません。

とりあえずポイントを説明し、ikeちゃんが最下流、中間にanaさん、私は川沿いの遊歩道を歩いて上流に向かいました。

今年はあまり人が入っていないので、うまくしたら爆釣かも?
と思って入ったポイントでしたが、期待とは裏腹に反応薄。

入って早々に7寸くらいの良型が掛かったものの、1つのポイントで1匹掛けたら次がなかなか次が掛かりません。

しかたないので長い瀬を下りながらポツポツ拾い釣りしていきました。

例年ならこの時期でも遅れて遡上した天然の小鮎が群れているのですが今年はあまり見られません。
やはり裏年なのでしょうね…。

そんなふうにして、午前中はポツポツ。
 
昼前にanaさんと合流しましたが、下流も芳しくない様子でした。

そこで、一緒に目の前の深瀞を釣って、良型を1匹追加。

もう1匹掛けたところで私は一旦昼休憩。

19081002.jpg

昼まで17匹でした。

追わない時間帯は昼飯を摂って木陰でうとうと…。

昼からどうしようかと考えましたが、下流エリアは人が増えたようなので思い切って移動することにしました。

行った先は、釣れない時にごくたまに入るポイント。
流れがきついのとアクセスが良くないのとで普段からあまり人がいません。

今日も少し水が高いので、フロロの04から複合の01に変更し、2号の鉛を打って流心脇に止めたらココッ、ビューン!

なるほど、こういうところね。

そこから同じような釣り方で数を重ねていきました。

サイズは20~25cm。

19081004.jpg

午前中のポイントより一回り大きく幅広で、中には真子・白子を詰めていそうなのもいます。

途中、背掛りの良い囮がとれたので、鉛を外して対岸側の流心で横スライドさせたら、一発で目印が飛びました。

しかし、竿を立てる間もなく一気に下流に走られ、06の上付糸のところからプツン…。

あぁ…。

もしかしたら鮎ではなかったのかもしれませんが、鮎だとしたらかなり大きかったと思います。残念!

さて、しばらく釣って16時近くになりました。
今日は温泉に入って宴会するので、17時には上がる予定です。

このまま終わらせるのはもったいないと思い、電話でanaさんを呼びました。

anaさんは、小さいながらもポツポツ反応があるので時間まで目の前の流れで粘ろうかなと言っていましたが、私が最後の1時間だけでも来たらどうかと誘うとその気になったようです。

しばらくしてanaさん到着。

私の上流の深瀞を泳がせて良型を2匹追加。

ね、来てよかったですしょう…(笑)

17時過ぎ終了。

午後からはこれくらい。

19081005.jpg

一日の釣果は37匹。もう少し粘れば40匹いったかもしれませんが、
この時期にこれだけ良型が掛かれば御の字です。

今日は素泊まりなので、三人で宴会用の買い出しをし、天ヶ瀬荘に向かいました。

荷物を下ろして鮎を冷凍したら、温泉に浸かって宴会のはじまり、はじまり~!

あ~だ、こーだと鮎談義しながら天ヶ瀬の夜は更けていくのでした…(笑)

さて翌日、目の前の天ヶ瀬温泉街は朝から満員御礼。

夏休みだからか、今年はじめたような初心者っぽい方もちらほらいます。
しかも、ほとんどが最近流行りのライトスタイル…。

因みに、キラッチさんのブログを見ればわかりますが、ライトスタイルは大手メーカーが売り出す遥か以前に鮎遊会のY先輩がはじめたものです。

Y先輩のところにはメーカーから何の連絡もないとの事。

メーカーさんちゃんと許可とってくださいね…(笑)

さて、ピーカンで気温も高く、濁りもあって今日は相当厳しそう。

私もすっかり追い星が消えて朝風呂浴びてまったりモード。

これ以上釣ると冷凍庫に入らないし、昨日頑張って釣ったので、anaさん達と別れて買い物しながらゆっくり帰ることにしました。

お盆のお供えにスイカと葡萄を購入。

19081007.jpg

葡萄はいつも朝倉の農家さんの直売所で買っていますが、今年はあまり出来が良くないとの事。

帰ってひと風呂浴びて昼寝をし、クーラー利かせた部屋で梅ジュースを飲みながら大鮎用の仕掛けを作りました。

19081006.jpg

さてさて、いつも行く近場ではありましたが、渋滞にも巻き込まれず楽しい釣り旅になりました。

anaさん、ikeちゃんお疲れ様でした。

次は三女との約束がありますので、一休みしてその準備です。

土用隠れ

梅雨が明け、土用干ししていた梅が完成しました。

19080401.jpg

今年は生前いつも梅を気にしていた祖母に加えて、父、母の法要が重なり、土曜日は国東に帰省していました。

実家は人に貸しているので、今回は檀那寺の本堂を借りての法事です。
きょうだいで集まり、久しぶりに昔馴染みの料理屋でお斎をしました。

で、その日は姉のところにお世話になり、翌日は年券が不良債権化している大野川へ向かいました。

解禁から不漁が続いていた大野川でしたが、ここに来て本流で掛かりだしたとの事。
そろそろに大野川温泉になる時期なので、朝一で釣れるように未明に国東を出発しました。

朝焼けの高速を南下し、6時前にイヴ着。

最下流部で鮎の跳ねがあると聞いていたので、オトリを買ったらすぐ傍の本流へ。

19080402.jpg

誰もやっていないなら今日は爆釣かも?

なんて、期待とは裏腹に、待てど暮らせどアタリはなく、ようやく掛かったと思ったら大野川名物のドンコ…。

しょうがないので場所移動しました。

途中の本流には、所々に人が入っています。

私もどこか適当にと思いましたが、オトリを買うときに上流の千歳村でも普通に掛かってますよ…。

と言われたので、解禁に入ったエリアに行ってみることにしました。

しかし…。

ここもハミ跡が少なく反応薄。どうも魚っ気がありません。

そこでもう一度場所移動。少し下流の友釣り専用区間に入ってみました。

日は高くなり気温も上昇。熱中症対策で腰まで立ちこんで釣りました。
あちこち竿を出してみるものの全くダメ。

坊主を覚悟しはじめた頃、なんとか1匹。

でも、根掛かりで一匹ロス…(泣)

そこで、ヘロヘロ養殖に鉛を打って引っ張ってもう一匹。

例年8月には遅れて遡上した小さめの天然鮎が掛かりはじめるはずですが、いずれも放流物でした。

同区間に3人いた釣り人もどんどん上がっていきます。

私も諦めて掛かった鮎を放して上がることにしました。

さて、着替えを済ませ、カップ麺を食べながら最後に一緒になった地元の釣り人と情報交換。
長い事大野川で釣りをしているものの、こんなに厳しいのは経験がないとの事。

土用隠れかもしれないけれど、次の増水で好転するかどうかはわからんね。
こんな遠くまで来なくても日田に行けばよかったのに。

と言われる始末。

う~ん。

交通費等とも見合わないし、私の腕では手に負えないので、今年の大野川の友釣りは諦めようかな…。

早目に切り上げて時間があったので、帰りは竹田・久住経由で湧水を汲んだりトウキビを買ったりしながらゆっくり帰ってきました。

19080403.jpg

さて、途中、別の水系で川見をしていると、今から川に入ろうとしている鮎遊会の仲間、Aさんがいます。

実は先週の大会の際に、そろそろ良くなってきているから来てみたら?と言われていたのでした。

しばらくAさんと話していると、千鮎さんが登場。

用事が終わってこれから川に入るというので、私もオトリを分けてもらって入ることにしました。

時刻は既に16時。

教えてもらった瀬肩にオトリを止めると、いきなりビューン!

24㎝くらいの仕上がった良型鮎です。

おおっ。掛かるじゃん!

そこから約2時間、30mくらいの間を行ったり来たりしながらようやくツ抜けできました。

19080404.jpg

荒瀬の中では上げきれずに身切れしたのもいたので、良型がいるのだと思います。

はじめからこっちに来ておけばよかったかな…(笑)

千鮎さん、Aさん今回もありがとうございました。
おかげで手ぶらで帰らずにすみました…m(_ _)m

この水系も解禁当初は良くなかったようですが、先日の出水でようやく掛かりだしたとの事。
球磨川もあまり良くないと言うし、やっぱり今年はどこの河川も裏年のようですね…。

さて、もう一回来たいところですが、残念ながら台風の増水でまたしばらくは釣りにならないかもしれません。

また、状況を見ながら、どこに行くか考えようと思います。

それにしても台風の行方が心配ですね。

大事にならないように祈っています。

鮎遊会大会

増水のため延期になっていた鮎遊会大会と前夜祭が土・日で行われました。

事前準備から当日の運営まで、役員の皆様には本当にお世話になりました。
おかげで今年も楽しく大会に参加させていただきました。

本当にありがとうございました…m(_ _)m

さて、私は少し早く着いたので、鮎遊会のF長老と二人でクーラーボックスを持って漁協に氷を買いに行きました。

F長老は正調?日田弁です。

鮎遊会に入って年配の日田の方と話す機会が増え、今では随分耳も慣れましたが、数年前だったらちょっと聞き取れなかったかも…(笑)

道すがら、日田の自然や川の生き物、漁協の運営や狩猟、川にまつわる四方山話など、大山までの林道を走りながら興味深いお話しを沢山お聞きする事ができました。F長老ありがとうございました。

氷を持って帰り、17時を過ぎたころから皆さん徐々に集まりはじめ、いつものように楽しい宴がはじまりました。

19072801.jpg

私は、Takeoさんと一緒に肉や鮎を焼いたり、焼きナスを作ったり、皆さんが持ち込んだ酒を味見したり、久しぶりに会う方やいつものメンバーと楽しくお話しをしたりしていたら、今回も最後のメンバーの一人になっていました。

それでも、日付の変わる前にはお開きになり、I先輩と天ケ瀬荘に戻りました。

今回もとても楽しい宴でした。

さて翌日、疲れは残っていましたが開会式までにはちゃんと着替えを済ませて出席しました。

昨日までの泥濁りもだいぶん良くなっています。

私は大会の時はいつも寅屋より上流に入っているのですが、今年は下流に行ってみることにしました。

しかし、これが読み違い。

入ったポイントではなかなかオトリが変わらず、そのうち周囲のポイントに人が入って動けなくなりました。

久しぶりに持つ急瀬竿もとても重く、前日の疲れもあってすっかり追い星は消えてしまいました。

上流は最後に放流した小型も含めて結構掛かっていたようですが、下流に入った人は結構苦戦していたみたいです。

しばらくしたら上流に移動していきました。

そのうち時間になって終了。

早目に川に入っても全く関係がなかったですね…。

結果は、1位が尺鮎会のIさん、2位がノリさん、3位がテルさん。

役員の方は、川に入る時間が随分少なかったのにきちんと結果を出すのが凄いです!

私はじゃんけん大会も負けまくって終わりました。

まあ、大会で結果なんか出したことないし、楽しかったので良いのです。

で、大会も無事終了し、片付けを手伝ったら、ロッドをテストするというテルさんと一緒にもう一度川に下りました。

しかし…。
朝からみっちりやられた後は当然激渋。

ほどなくして一匹掛かったものの、ダブられてマイナス1、次は鮎と同サイズのイダ。
すっかりやる気がなくなって本日終了。

西瓜を買って早めに帰宅し、あちこちから頼まれていた一夜干しを仕込みました。

19072802.jpg

さてさて、大会も終わり、これからは土曜隠れを挟んで大鮎シーズンです。

同日に開催された大野川カップでは、上手な人にはそれなりに掛かっている様子。

今度は少し遠征でもしてみまようかな?

「海の日」も川へ

梅雨らしい雨が降りました。

せっかくの三連休ですが、前半2日は増水でどこの河川も入れませんでした。

しかし、日曜に河川の様子を見に行っていた仲間から、山国川上流ならやれそうだとの情報を得たので、海の日にも関わらず川に向かいました。

ゆっくり下道で日田に入り、いつものトライアルで氷と食料の買い出し。

大倉さんでオトリを仕入れ、212号経由で山国入りしました。

川を覗くと、前回来たときより25cmくらい高いですが、もう水は澄んでいます。

まずは前回1匹しか釣れなかったポイントから。

橋の上から川見をすると、鮎は見えませんが黒い石が点在しています。

今回くらいの増水では白川にはならないようですね。
 
8時釣り開始。

19071501.jpg

山からの水が集まる上流域だけあって水が冷たく感じます。
でも7月も半ばだし、日が上ればなんとかなるでしょう。

増水しているのでとりあえず複合の005でスタートしました。

水温が低いので養殖囮は元気。

以前テルさんに教えてもらったとおり、最初の養殖オトリは思い切って使います。

一番良さそうな流芯脇に思い切り竿を寝かせて送り込み、スッとテンションを切って張らず緩めずにして泳がせます。

と、オトリが自由になった瞬間にギラッ、ビューン!

おおっ、掛かるじゃん。

上がってきたのは、よく太った23cmほどの鮎。
19071502.jpg

水も高いので、このサイズだと仕掛けの強度が心配です。

慌てて複合01、ツケ糸06の仕掛けに張り替えました。

針も7半の4本イカリから、8号の三本イカリに変更。

オトリも大きくて強いので、流速のある瀬肩を横に泳がせたら一発でビューン。

そのポイントを中心に上下しながら10匹程追加しました。

あれれ、今日は爆釣かも?

と思いましたが、そうは問屋が卸さない。

時合いなのか、そこに鮎が溜まっていただけなのか、良さそうに見える下流部の流れでは全く無反がありません。

とりあえずツ抜けはできたので、別のポイントも見て回ることにします。

最初に見に行ったのは、前回のトロ場。

でも先行者あり。

まあ、他の河川には入れないのでしょうがないですね。

その次は仲間から教えてもらったポイント。
橋から見ると石は磨けているようですが、降り方が分からず断念。

かなり下流に移動して、友釣り専用区に入ってみました。

いつもなら何人か入っている場所ですが、支流からの水が混じって濁りが出ているためか、今日は一人しかいません。

水量も多く、いつもならトロ場の場所が早瀬や急瀬になっています。

でも、よく見ると石が磨けているようなので、とりあえずやってみることにしました。

フロロで泳がせようと思いましたが、上流は魚が大きかったので、念のため03を張りました。

足元から泳がせて、良い感じのヨレに入った途端にビビビッ。

20㎝弱でしたが流れが太くなっているので結構引きます。

これをオトリに再度泳がせてみますが、太仕掛けなので流れが強すぎて浮いてしまいます。

そこで、2号の鉛を噛ませて、瀬肩に止めたら一発!

流芯でも瀬脇でも、鮎が付いているところに入れられれば素直に反応が出る感じ。

50mくらいの区間を鉛で引っ張り回しながらだんだん数を伸ばしていきました。

気づくと上流の釣り人はいなくなっていたので、その場所も攻めてみましたが、案の定良さげな水量・流速の場所は無反応。

おそらく普段は陸地なので、高水が続けばポイントになるでしょうが、短期間の増水ではまともに垢が付いてないのでしょう。

ここも少し水深のある瀬を鉛で引いたら同じように掛かりました。

今日は夕飯までに帰って来いと言われていたので、15時半終了。

19071503.jpg

引き船には思ってた以上に入っていました。

釣果は36匹。

19071504.jpg

夕方までみっちりやればもう少し数は伸びたでしょうが、他に行くところがない中これくらい掛かれば御の字です。
竿は出せないかもと諦めていた三連休でしたが、最後に釣りになって良かったです。

さて、私の中では年券代を釣った匹数で割って100円を切ると元を取った事にしています。

今年年券を購入したのは日田と山国川と大野川。

日田はエノハも合わせて既に目標達成。山国川も今回で元をとったという事になれば残りは大野川です。

不調な年はシーズン最後のコロコロで帳尻を合わせていましたが、やっぱり友掛けで元を取りたいですね。

増水や不調との情報もあり、解禁以来全く行ってませんが、梅雨明けの盛期に合わせてそろそろ回収に出かけようと思います。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム