FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 鮎2014
CATEGORY ≫ 鮎2014

梅雨の終わりか秋雨か?

相変わらず梅雨のような天気が続いています。

土日は仕事の関係で岩手にいました。今日はその振替休み。
疲れは残っていましたが、朝食のパンをかじりながら溜まっていたメールの整理をして
いると、10時過ぎには一応の目処が付きました。

降水確率は60%。
外を見るとなんとか釣りになりそうな雰囲気ですが、週末も雨だったので増水の状況が
分かりません。

もし行けるなら、今日こそこそ天ケ瀬!
早速寅爺様に電話すると、

「釣りにならんことはないと思うけど、兵庫からお客さんがきちょるのに掛からんから
今から山国川に行くところなんよ。今日はあんたのマル秘ポイントに行ったほうが良い
バイ」

との事。
残念。今年は天ヶ瀬からことごとく入川拒絶されています…(笑)

それでは、とBlackAllowさんに水況を聞いてみると、10cm程の増水で濁りもなく、
いつものポイントにも一人入っているとの事。
また、誰も入っていないポイントもあるとの事でしたので、バタバタ準備してオトリ屋
に走ります。

さて、オトリを購入してポイントに向かっていると、途中で携帯が鳴り、

「ダムが放流をはじめて水位が上がりました。先客も引き上げたようです。
今日は厳しいかも?」

との事…。

そんな事言われても、もうオトリも買ったしポイントまではあと10分。
とりあえず、川に向かうと、橋の上にBlackAllowさんが立っておられました。

橋の上から見ると、増水は30cm近くになってやれるかどうかギリギリの水位。
おまけに大粒の雨まで降り出しました。

しかし、ここまで来て帰るわけには行きません。
レーダーを確認すると、雨雲は一時的なもののようでしたので、小降りになった
タイミングを見計らって入川しました。

時刻は13時半。このまま降らなければ何とか釣りにはなりそうです。

幸い濁りもなく垢も飛んでいなかったので、鉛を使ってピンポイントに落としていくと
すぐにガツン!その後もポツポツ掛かります。
途中、土砂降りに打たれて避難したりしましたが、17時過ぎまでで11匹。
相変わらず綺麗な鮎です。

14082501.jpg


まあ、今日は他の川は増水で釣りにならなかったでしょうから、釣果があっただけ
でも良しとしましょう。鉛使いの良い練習にもなりました。

さて、今日の先行者はコロガシだったようで、仕掛けが2回も引っかかってきました。
子供が水遊びするようなポイントですし、膝上まで入れば回収できないポイントでは
ないので、次は是非回収していただきたいと思います。

釣果は帰ってからまた塩焼きで美味しく頂きました。

まだまだ天候不順は続くようですが、風が少し秋めいてきました。
今年は本当に梅雨が空けきれないまま夏が終わってしまいそうです。

あまりにも鮎の状態が悪いので、寅屋も8月末で閉店との事。

あと正味一月。
私は、釣れる川を探しにもうしばらく彷徨ってみたいと思います。

晴れ間を狙って

今日は休日出勤の振替休み。

昨日はあれから降っていないようなので、温泉街に再チャレンジしようかと思ったの
ですが、寅爺様に電話してみると、水は引いたがまだ濁りがあるのであまりお勧めで
きないとの事。天気予報も局所的な豪雨に備えるようにと警告が出ています。

そこで、急遽進路を変え、汗疹の治療のため温泉へ浸かりに行くことにしました。
もちろん、釣り道具持参です…(笑)

10時頃から温泉で湯治をしていると、本当にものすごい雷雨になりました。
露天風呂でそれを眺めながら天気を恨んでいると、急に西の空が明るくなりました。

あれ?行けるかも?

休憩室で昼食をとりながら雨雲レーダーを確認すると、次の雨雲は来ていません。
それならと、前回良い思いをした川に入ろうと、川見をしながらオトリ屋に走ります。
幸い、この川の上流ではあまり降らなかったのか、10cmくらいの増水で濁りはあ
りません。

バタバタと準備をして15時過ぎから竿を出しました。

そこから18時までの間で11匹。
養殖オトリは次の私のため?に放流しました。

14081701.jpg

ここの鮎はあまり大きくはありませんが、背鰭の長いピンシャンです。
味がよいので三女が4匹も食べました。

少しの間でしたが、今日は釣りができただけラッキーでした。
満足して家路に着きました。

さてさて、この二番梅雨、いったいいつ明けるのでしょうね。

早く天瀬温泉街で仕掛けが切られるかもって鮎を掛けたいですね~。

盆があけてもまだ梅雨?

今年は変な天気が続いています。
盆があけても二番梅雨がまだ明けません。

朝晩は随分涼しくなって秋の気配。
このまま夏が終わって、そのまま秋雨に続いていくんじゃないのかとさえ思えます。

こんな状況でも天気予報とにらめっこしながら何とか釣りに出かけようとするのが釣り人の性。
寅屋の掲示板で、水が落ち着いて大型が掛かりそうとの情報を得て、朝早くから出かけました。

温泉街には7時半着。
しかし、着いたところはアマゾン川…(笑)

夜のうちに上流で降ったのでしょう。とても釣りができる状況ではありませんでした。

寅屋に集まっていたキラッチさん他、皆さん苦笑しながらお互いのせいにしています。

寅爺様によると、今日釣りになりそうなのは、高瀬川、赤石川、花月川くらいしかない
とのこと。キラッチさんたちが高瀬に入るということでしたので、天邪鬼の私は一人で
赤石川に行くことにしました。

赤石川には8時半着。

ここは大山ダムができる前、上流のほうにエノハに通ったことがありますが、鮎で入る
のは初めてです。場所が良く分からなかったので、橋の上から見てなんとなくハミ跡ら
しきものが見えるポイントで竿を出すことにしました。

14081601.jpg

しかし、なかなか追いません。
盆明けから網が解禁されているので、ここにはもういないのか?と思っていたらいきなり
ガツン!狭い川なのに割と型がよくて、23cmくらいありました。

そこから午前中一杯釣って6匹。型は22~24cmで良く引きました。
夕方に用事があり、15時には切り上げないといけなかったので帰りに別の川でお茶を
濁し、オトリ込みの13匹。なんとかツ抜けできました。

シーズンも後半に入って数は出なくなりましたが、型が良くなってきました。
本当は天ヶ瀬温泉街で大型を狙いたかったのですが、今年はなぜか拒絶されています。

シーズン終了までにまだチャンスがあるでしょうか。

もう一度くらいは天ヶ瀬橋の上流に入ってみたいのですが、本当に今年の天気には困っ
たものです。

今日は解禁日?

心配された台風11号は九州北部から大きく逸れました。
今回の台風で被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、前回の杖立川の釣行以降、半蔵君と一度釣行しましたがさっぱりでした。

今年はもともと厳しいのに加えて、ハイシーズンに二度の台風に見舞われ、休日
毎に増水して川に立つことさえ難しい状況です。

鮎はもうおしまいかと思っていましたが、以前から気になっていた県内の小河川
なら台風による増水もなく釣行できそうでした。

この川は、BlackAllowさん(フライの仲間なので鮎はやりません)が詳しい川。
以前からお願いして、鮎のポイントを調べてもらっていました。

ただ、この川の近辺にはオトリ屋がありません。
鮎ルアーやコロガシははやった事がないので不安です。どうしようか思案して
いましたが、前日に三女の子守と称してポイントを見て回り、オトリを買って
きて川に漬けておくことにしました。

で、本日。

8時過ぎに現地着。
超マイナーな川なのでポイントには誰も人がいません…(笑)

14081101.jpg

昨日から漬けておいたオトリも元気そのもの。水合わせも必要ないので早速釣り
開始。元気なほうを選んで、鼻カンを通そうとしたらピシャン…(泣)

残ったオトリは体調が悪かったみたいで、オトリ缶のストレスからか赤っぽくな
っています。不安を感じながら泳がせてみますがやっぱり元気がありません。

それでも、それっぽいポイントを泳がせているといきなりガツン!
14081102.jpg

あまり大きくはありませんが綺麗な鮎です。

ここの川は河原が広く障害物がなくて釣りやすいのですが、釣れる流れは幅10m
もないくらい。水深もくるぶしから膝上程度です。

今年は何度かこんな浅い小河川に入っているので、なんとなく釣り方は掴めています。
竿を8mにして04の付け糸を長めにし、泳がせ気味に探りました。
針も底を掻かないように軽めの三本錨とチラシの併用です。

もともと黒い石が多い川のようで、はみ跡もわかり辛く最初は惑わされましたが、
石よりも流速などを見てオトリを泳がせると良い事がわかりました。

朝からのうちはボチボチでしたが、10時を過ぎたあたりで午前中の時合。
一時入れ掛りもありました。鮎は18cm~21cmくらい。8月の九州のサイズ
ではないですが、塩焼き、数釣りにはもってこいです。
やる気満々の鮎の追いを堪能し、久しぶりに昼までで20匹を超えた感覚があり
ました。

昼になり、BlackAllowさんが様子を見に来てくれましたので、一旦休憩して他のポイ
ントも見て回りました。しかし、下流のポイントはあまり魚影が濃くなさそうだったので
また同じ場所に戻ってきました。

3時の休憩を挟んで4時過ぎからまた入れ掛りがありました。
日はまだ高く、夕食でまだまだ掛りそうでしたが、結構釣れた感覚があったので5時過
ぎに終了。

今回は初めての川なので、ツ抜けができれば良いかなくらいに思っていましたが、
終わってみれば今年一番の釣果(オトリ抜き47匹)でした。

まるで解禁日のような釣果です。これでお盆のお土産は十分確保できました。
BlackAllowさんどうもありがとうございました…m(_ _)m

この川は水温が低く、昼過ぎでも22℃までしか上がらなかったのでオトリの管理が
楽勝でした。水も比較的綺麗なので鮎も美味しかったです。

本当に小さい川ですし、今日荒らしたのでので、しばらくは掛からないでしょう。
また他の河川が釣りにならない雨の後にでも行ってみたいと思います。

今年の鮎は8月解禁?というような釣行でした。

日田のほうも後半は大型が爆釣すると良いですね。

初めての杖立川へ

仕事の振替休みが取れたのでまた鮎掛けに行ってきました。

今回は、大分の妹から頼まれている鮎を獲るための釣行です。

寅屋の掲示板によると、ホームの天瀬温泉街は相変わらず厳しい状況の
ようなので、寅爺様にお願いしてガイド兼オトリ屋で最近好調らしい
小国漁協管内に行くことにしました。

8時半に杖立温泉街着。梅雨が明けたので空が真っ青です。

14072501.jpg

寅爺様とは9時過ぎに待ち合わせしていたので、
日釣券を買って川を見て回りますが、どこも石がピカピカです。
しかし、見える鮎はダム遡上の10cm前後。
たまに15cmくらいのも見えますが、全体的に小ぶりです。

しばらく見て回って時刻は9時半。
約束の時間を過ぎましたが、まだ寅爺様は現れません。
前日予約を入れた時は少し遅くなるかもとの事でしたので、もうしばらく
待ってみますが、10時を過ぎても現れなかったので電話をしてみました。

「あ~。あんたのことすっかり忘れっちょった!
 温泉街を通り過ぎてしもうたバイ。上まで上がってきて」

遠方からのお客様の対応のため、朝からバタバタしていて私の事はすっかり
忘れられていたようです…(笑)

それから、寅爺様にポイントを案内してもらいますが、平日なのにどの
ポイントも人だらけ。
日田がまったくダメなので皆さんこぞって小国に押し寄せているようです。
ようやく開いているポイントを見つけて寅爺様にオトリを分けてもらい準備
します。

時刻は11時を回ったところ。
土手から見る川は石が真っ黒。時折、良型の食んでいるのも見えます。
オトリを入れたら一発で掛かりそうな雰囲気ですが…。

「心配せんでも夕方にならんと掛からんバイ」

とのお言葉どおり、日中はぜんぜん追いません。

14時の時点でわずかに5匹。しかも12~15cmくらいの小型ばかり。
週前半は増水の引きはじめで絶好調だったようですが、今日は水も落ち着き、
連日の釣り人によるプレッシャーでかなりシビアな状況になっているようです。

このまま諦めて帰ろうかと思っていましたが、せっかく寅爺様に出張ガイド
をしてもらっているので夕方まで粘ることにしました。

すると、16時を過ぎたあたりから急に追いが良くなり、18時の終了までに
21匹まで増やすことができました。
23cmの良型込みで、私としてはまずまずです。

14072502.jpg

妹に頼まれていた鮎もなんとか確保できました。
寅爺様今日もありがとうございました!

※さて、夢中になって釣っていたので、上流におられた鮎遊会の方が入ろう
 と思っていたという淵の流れ込みに入ってしまいました。
 大変申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫びいたします…m(_ _)m
 お顔は何度かお見かけしたことがありますので、次回お会いした時にまた
 お詫びさせてください。

さてさて、鮎の「土曜隠れ」もはじまっているようですから、これから日中の
釣りはなおのこと厳しくなるでしょうね。

昼間でも掛かりだすのは盆明けくらいからでしょうか。

14072503.jpg

今日の鮎は天然遡上混じり。環境で鮎の味は変わりますが、同じ筑後川水系
でも、日田とはまた違った味と香りがします。

今回入った杖立川は、石が荒くて根がかりが多いから、シワリの入ったキツネ型
が良いとの事でしたので、がまかつ、カツイチ、オーナーの昔のキツネ型と長良型
を使用してみました。昔の針なので7.5号で今の8号くらいの大きさがあります。
掛かりは遅いですが、大きい分なかなかバレません。しかも研げます。
在庫処分品をネットで格安で購入したものですが、まだまだ十分使えました。

鮎も随分大きくなってきました。
針を大きく、仕掛けもワンランク太めにして、フロロの用意もしないといけませんね。

次はどこに入りましょうか。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム